奇々怪々 お知らせ
           
  • 5/2 4月GPを決定し、殿堂入りを追加しました。
  •        
  • 5/2 5月GPよりGP受賞内容が変更になります。

心霊

漂いうつる
短編 2021/02/01 18:08 8,334view
拝み屋をやっていた、伊野さんという女性が体験した話だ。

彼女の能力の真偽についてはひとまず置いておくが、地元では相応に名の知れた人物であったらしい。
その伊野さんの元を、ある時ひどくやつれた様子の男性が訪れた。
精神的にかなり参った様子の彼を落ち着かせながら話を聞いていくと、どうも以下のような事情だということが分かった。

──男性(仮に和幸さんとする)の一人娘が、一六歳の誕生日を迎えた翌日に自室で命を絶った。
遺書のようなものはなく、周囲の人間に聞いても自殺の兆候すら見られなかったことから、一時は和幸さんたち両親が疑われさえした。
しかしいくら調べても突発的な自殺という以外の結論は見出せず、結局やや遠回りをしたもののそういう形で事は落着したという。

……のだが、それからどうにも奇妙な出来事が続いているらしい。
亡くなった時の状態のままにされている娘の部屋から、ばたんと何かが倒れるような音がするのだと和幸さんは語った。
更に耳をそばだててみると、ぎしぎしと天井が軋むような音や、「ぐぅ、ぐぅ」という呻き声らしき音まで聞き取れるそうなのだ。

この現象に奥さんはすっかり参ってしまい、今は実家に帰って療養中。
和幸さんは仕事の都合でまだ家に留まっているものの、毎日不特定の時間に起こるこの奇怪な現象にどんどん心身をやつれさせていった。
このままでは自分もおかしくなると思い、藁にも縋る思いで拝み屋の伊野さんを頼ったのだという。

すぐにでも解決してほしいという和幸さんの希望もあり、翌日には伊野さんは問題の家もとい部屋を訪れることになった。

「俺はちょっと入りたくないので、すいませんけどお願いします」
そう言って聞かない和幸さん。
伊野さんは内心、奇妙な現象が起きているとはいえ自分の娘の部屋に入るのを渋るなんて、と彼に呆れの念を禁じ得なかったそうだ。
亡き娘に同情しながら部屋に入った瞬間、まず伊野さんは異様な湿気を感じたという。

伊野さん曰く、この時季節は冬だった。
しかしその部屋には、梅雨時期に何枚も洗濯物を室内干ししているような、そんな不快な湿気が満ちていた。
ああ、これは何かおかしなものがいるな。
そう思って天井を見上げると、伊野さんはそこにゆらゆら力なく揺れる少女の姿を見た。
顔の部分は靄がかかったみたいにぼやけていて、その靄の中からぽたぽたと粘っこい液体が垂れ落ちている。

常人なら卒倒ものだろうが、拝み屋をやって長い彼女はさして動揺するでもなく、淡々とその場から踵を返した。
部屋から聞こえるという音の正体は予想通りのものだったから、後はその旨を和幸さんに伝えて、それから本格的に処置を施そうと考えたのだ。
リビングへ戻ると、和幸さんはテーブルに顔を伏せ、耳を塞いで震えていた。
伊野さんはそんな彼を宥めて、今見てきたものを伝えたという。
「首を吊った時のまま、成仏できずに留まっているみたいですね」
すると、和幸さんは。

「……うちの娘ね、手首を切って死んだんですよ。首なんて吊ってないんです。
なのにあれ、毎日ああやってぎしぎしぎしぎし鳴らしてるんですよ」
伊野さんは固まった。
そんな彼女を、和幸さんは疲れきった虚ろな目で見つめて言ったそうだ。
1/2
関連タグ: #事故物件#声#雨
記事編集(作者用) 作者プロフィール
管理人に連絡


コメント(11)
  • 残穢思い出した。
    前の建物で亡くなった人なのかもね。

    2021/02/01/21:29
  • 寝る前に読むじゃなかったー!メッチャ怖いですわ、結局そのままなのもより怖い

    2021/02/01/22:48
  • 作者さんの作品は毎回楽しみにしています!今回もとても良かったです

    2021/02/02/02:33
  • アリスの人か 話しに引き込まれるよ
    話し言葉が耳に入ってくるのがヤバいっす

    2021/02/02/04:52
  • 毎回、内容もそうだけど語り(書き方)がうまくて引き込まれるなぁ

    2021/02/02/12:57
  • 残穢じゃん

    2021/02/02/16:50
  • 和幸がどうしてもトンカツになってしまう…

    2021/02/06/11:54
  • 風呂場ならまだしも部屋で手首を切って死ぬってかなり難しい事だから、そこだけ変えた方がいいかな

    2021/02/09/12:39
  • 幽霊のビジュアルが秀逸です。本物の心霊写真に似た生々しさ、鮮度を感じました。

    2021/02/17/08:45
  • 無責任すぎて草

    2021/03/07/03:36
  • 拝み屋の方が死ぬとは思わなかった

    2021/03/23/15:58