奇々怪々 お知らせ

心霊

篠月夜々さんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

海から来たもの
短編 2024/04/03 19:25 952view

これは約15年ほど前、私が高校1年生になったばかりの頃の話です。

その日はいつものように朝食を食べながら、リビングで母と談笑していました。

朝食も食べ終わり、あと数分で登校しなければいけない時間になる頃…ふと、周りから磯のような匂いがすることに気づきました。なんというか、本当に海の側を通ったときのような匂いがするのです。

はじめは母が魚でも焼いているのだろうと思っていましたが、キッチンにいる母の姿を見ると自分の分の卵焼きを焼いていて、魚など焼いていません。

不審に思った私は試しに
「ねぇお母さん、なんか海みたいな匂いがしない?」と母に尋ねてみました。

しかし母は「そう?」と不思議そうにするばかり。でも、確かに海岸沿いで嗅ぐような匂いがするのです。

ただ、このままでは学校に遅刻してしまうと思い、海の匂いが気になるけれど、とりあえずカバンを持ってテーブルを立とうとしたその時…

「うわあああああ!!!」

私は見てしまいました。私が座っていた席の斜め後ろのところに、海の匂いを放っていたであろう匂いの主がいたのです。

それは異様に背が高く、髪がボサボサに伸びきり、青白い肌をして…わかめなどの海藻や貝殻にまみれた、びしょ濡れで、目が赤く充血した女性でした。

真っ赤に充血した目で、私を見つめていたのです。

「お母さん!!私もう行くね!!」

目の前の女性に怯え戸惑いながら、私はとにかく慌ててカバンを掴んで飛び出し、自転車に乗り込みました。

そこから一目散に自転車をこぐこと数分。
「自転車に乗ったから大丈夫」と安心しようとしていましたが…そんなわけはありませんでした。

必死で猛スピードでこいでいるにもかかわらず、なぜか自転車がとても重いので、右肩に視線を向けると…

さっきリビングで見かけた女性が私の肩をつかみ、下半身は風に吹かれ、赤い目でこちらを見つめながら、ガッシリとしがみついていました。まるでこいのぼりのように浮いているのに、とても重く強い力で捕まっているのです。
その姿にものすごく背筋が凍りつきました。

それでも、ようやく憧れていた高校生活が始まるのに…このまま校門を通れないのも悔しいので、右肩にいる女性の存在に怯えながら、とにかく心の中で

1/2
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。