奇々怪々 お知らせ
           
  • 7/1 6月度怖い話グランプリを決定し、殿堂入りを追加しました。
  • 6/9 短時間での連続した投稿を制限しました

 

奇々怪々おすすめホラー漫画特集

いつも奇々怪々をご覧いただきありがとうございます。

奇々怪々は基本的に文字だけで怖い話を楽しんでいただくサイトですが、たまには絵やイラストでもホラーを感じたいですよね。

 

ということでこのページでは、おすすめのホラー漫画を紹介していきたいと思います。(※編集部の主観なので偏っているかもしれません。)

新しいものから古いものまで、漫画大国日本にはゾッとする良質なホラー漫画がたくさんありますよ。

いつか奇々怪々の怖い話も漫画にならないかな……

 

 

 

おすすめホラー漫画 心霊編

ゴーストハント

心霊現象を時に科学的に、時にオカルト事件として解決していく作品。
全てがオカルト事件と言う訳ではなく、されど心霊現象は確実に存在し、それを霊能力者が解決する話もある、どちらか一辺倒ではない所が面白い。

全てを科学で解明する事は出来ない、されど奇々怪々な事件全てがオカルト事件として処理してはいけないと改めて感じた作品でもあります。
笑いあり恐怖ありの盛りだくさんなホラー漫画です。

 

 

白い影法師

「ガラスの仮面」の作者の美内すずえの作品。

女子高に転校してきたヒロインのクラスには謎の空席があり、彼女は視力を理由にその席に強引に座ったのですが、背後に異変を感じます。

その日から彼女には様々な恐怖が……

高校を中心に話が展開し、ジェットコースターのように恐怖体験が積み上げられていきます。幽霊が机から顔を出すシーンは映画「リング」の貞子さながらです。

 

 

生者の行進 Revenge

霊能力者・神原省吾はいじめ問題を抱えるクラスの担任を受け持つことになる。神原は、ひょんなことからいじめを受けている生徒が呪いの御守りを持っている事に気づくのだが……
いじめと怨念を題材にした、前作「生者の行進」の続編です。
いじめられっこが抱く負の感情によって怨霊がいじめっこを呪い殺す恐ろしい御守り。それを回収する為に神原は頻発する霊現象の真相を暴いていく展開に目が離せません。

 

 

続・生き人形

オカルト好きなら誰もが知る「生き人形」の物語の、続編にして完結編。
「続」となっていますが、前作はかなり以前のものですので、いきさつも描かれています。
そのため、本作単独で読んでも大丈夫です。
生き人形がなぜ誕生したのかに迫る本作。
なんとも言えない不気味さが永久保貴一氏の手によって克明に描かれています。
お人形にまつわる切ない物語も見どころです。

 

 

でろでろ

ミスミソウの押切蓮介が描く、怖いはずなのに面白い、シュールなホラー漫画。

主人公の悪ガキ中学生日野耳雄(ひのみみお)はある日、自分の守護霊に見捨てられてしまう。

そのせいか日常的に幽霊やUMAに遭遇するようになるが、絶対に負けたくない耳雄。ビビりながらも殴る蹴る、なにを駆使してでも撃退していくホラーギャグ漫画です。

 

 

濡れそぼつ黒髪

濡れそぼつ黒髪の作者本人の伊藤みみかの体験談をもとにして作られている恐怖漫画です。

繊細な絵が少女漫画チックで読む人を選ぶかと思えば、しっかりとホラーな気味の悪い霊の描写などがリアル。

性別を問わずに読める作品で、リアル寄りの体験談などを求めている人におすすめのできるホラー漫画です。

 

 

魔百合の恐怖報告

ホラーマンガ誌にて連載されている読者からの心霊相談に乗るという形式の作品。
霊能者・寺尾玲子氏が「現象」の正体を看破するのが大変見事です。
大変な人気を博しており、連載も長く、2021年11月現在で33巻まで出ています。
恐ろしい話から切ない話まで、一話完結型で綴られています。
コミカルな描写もあり、面白く読める作品です。

 

 

 

見える子ちゃん

唐突に異形の霊が見えるようになってしまった女子高生四谷みこ。幽霊が苦手なみこは日々見えないフリをして何とかやり過ごし耐えている現状なのだが…。
アニメ化で話題に挙がる霊を無視するタイプの新感覚ホラー。
本人の意思とは無関係に見えすぎてしまう為、学校や通学路まさかの自宅の風呂にまで現れる幽霊達にみこは無視し続ける事ができるのか。
日常に潜む幽霊に怯える女子校生にちょっとほっこりするホラー漫画です。

 

 

 

おすすめホラー漫画 都市伝説・呪い・祟り編

赤い爪あと

少し古い昭和時代の少女漫画です。
主人公の女子高生が友人と学校帰りに流れ星を見た翌日から主人公の周辺では次々と変死体が発見されるようになります。
最初は主人公が通う学校内だけだったのですが、次第に町中でも事件が起こるようになっていき……
この作品には少女漫画と侮れない恐怖があります。

 

 

アウターゾーン

美人でミステリアスな女性「ミザリー」が開くお店に、様々な悩みを抱えた人間がやってきます。彼女が紹介するアイテムに、半信半疑ながら使用していくうち、彼らは「禁止事項」を破ってしまい…
「やってはいけない」と言われると禁忌を犯してしまう、人間の弱い心理を浮き彫りにしながらも、時には人と人との温かさにホッとさせられるホラー短編ストーリーとなっています。

 

 

うずまき

呪われた恐ろしい町、黒渦町に住んでいる少女、五島桐絵・恋人・斎藤秀一の周りで次々起こる不可解な現象。

色々なものが次々にうずまきになる、カタツムリ 家 人間。うずまき人間。次々にうずまきになって行く様は、かなりグロテスクです。

この村がなぜうずまきの呪いにかけられているのか?ホラーだけど少し笑えるそんな作品です。

 

 

姑獲鳥の夏

人気小説家の京極夏彦のデビュー作品が漫画になったものです。京極夏彦の世界観が見事に漫画で描写されています。

小説を読んだ方も小説とはまた違ったテイストを味わうことができると思います。逆に漫画しか知らない方は、小説を読みたくなるかもしれません。

1日でイッキ読みしてしまいたくなる、京極夏彦ワールド全開のおすすめ作品です。

 

 

海の闇、月の影

命の危機を乗り越え、超能力を持った一卵性双生児の琉風と琉水。
中の良かった双子だったが、その頃から琉水が琉風の命を狙うようになる。
新月と満月に能力の強さが関係したり、恋愛の要素も入っていて、すごく読み応えがあります。
双子だからこその憎しみや悲しみ、葛藤なども描かれていてたまに読み返したくなる漫画です。

 

 

強制除霊師・斎

実在の霊能者・斎の「ドS」な除霊に少し笑いすら出てしまう作品。
ストーリーも実話を元にしています。
基本的に厳しい氏ですが、意外と優しい一面があるところも。
本作の最大のみどころは最終巻の最終話かもしれません。
事前情報を全く知らずに読んでいただきたいおすすめホラー漫画です。

 

 

切子

中学校の同級生6人に差出人不明の招待状が届きます。

内容は、久しぶりに母校に集まり、当時亡くなった同級生の「切子」について偲ぼうというものでした。

差出人不明というところから怪しさ満点ですが、それでも老朽化した母校に集まってきた彼らに次々と不可解なことが起こります。

終始つきまとう不気味な雰囲気と先の読めないストーリー展開に引き込まれ、最後まで一気読みしたくなる作品です。

 

 

グリセリド

伊藤潤二作品。

主人公の父親は評判の良くない焼き肉を営んでいました。

家の中がギトギト油まみれで、終いには兄がサラダ油がうまいとコーラのように飲み干す始末。

勿論兄は体中が油まみれで、そんな兄と口論になった主人公は殺されかけますが……

とにかく油、ラストは衝撃のホラーです。

 

 

後遺症ラジオ

「後遺症ラジオ」はホラー漫画界の巨匠、中山昌亮が描くホラー短編集です。
それぞれの話は独立していていながらもその一つ一つで言葉にはできない不気味な雰囲気を味わうことができます。
そして、少しばかり物語を読み進めた貴方は気づくはずです。
これは短編集とは名ばかりの、ある一つの物語なのだということに。
それは一体どういう意味なのか?
気になった方はぜひ、ご自身の目でお確かめください。

 

 

食糧人類-Starving Anonymous-

帰宅中、バス内で催眠ガスにより眠らされた主人公の伊江は、ある工場へ連れてこられた。

人間を冷凍し解体している人や運んでいる人がおり驚きを隠せない伊江だが、言われるがまま人が敷き詰められた部屋に誘導される……

一緒に連れてこられた友人のカズと共に工場から脱出ができるのか?この工場の目的は?意外な展開が待ち受けどんどん続きが気になり、一気に読みたくなるパニックホラー漫画です。

 

 

地獄先生ぬ〜べ〜

もはや知らない人はいないと言っても過言ではないホラー漫画「地獄先生ぬ〜べ〜」

鬼の手を持つ教師が街や生徒たちを守るために妖怪と闘うストーリー。

なぜ、鬼の手を持っているのか…。生徒たちに忍び寄る妖怪たちとは…。怖い要素だけではなく、ちょっとエッチな要素や笑えるシーン、泣けるシーンと盛り沢山。笑いあり、涙ありの子供でも楽しめる漫画です。

 

 

スカイハイ・カルマ

大ヒット作「スカイハイ」シリーズのスピンオフ的な作品です。
女優の卵・高丸真唯。彼女の母は有名な演歌歌手です。
同じ事務所に所属している彼女たちですが、そこの資金繰りはやや厳しい状態。
真唯は、あるホラー映画の役柄をゲットしました。
しかし、その辺りから真唯の周りでおかしな現象が起こり始めます。
それは真唯の出生にまつわる、大きな呪いにまつわるものだった……
自身が背負うカルマと立ち向かう物語です。

 

 

ダークキャット

ダークキャットは『監察医 朝顔』を描いてた木村直巳が某少女向けホラー雑誌で連載していた作品。

闇猫(ダークキャット)の影崎標意と弟分の留意とで、人間に巣食う怪物っぽいのを退治する話です。

取り憑いてる怪物のグロさに背筋が凍る気持ち悪さが特徴。

標意が囚われてしまう辺りから途中で打ち切られ、続きが待たれる話題の作品です。

 

 

ひぐらしのなく頃に

この作品は雛見沢という白川郷をモデルにした架空の村で起こる惨劇の話。

登場人物が死んだり殺されたりしてその死に様は凄惨の一言です。しかし、登場人物たちの友情もまた見どころの一つで前の話では殺しあった者が、今度は手を取り合ったりして手に汗握る展開に……

全く飽きずに読むことができるおすすめの作品です。

 

 

不安の種

微妙な不気味さにむず痒くなるストーリー群がなんとも言えない味を出しています。
震えるほどの恐怖ではなく、日常に現れる「不安」が描かれているのがポイントです。
本作の代表的存在といえば、なんといってもオチョナンさん。
なんだか意味のわからない存在なのですが、見た目のインパクトは絶大です。
映画化もされた人気作品です。

 

 

不思議のたたりちゃん

心はすごく綺麗なのに容姿が醜いせいで酷いいじめにあっている主人公のたたりちゃん。

優しいので耐えに耐えるのですが、堪忍袋の尾がきれたとき、「たたりー!」と言ってたたりを巻き起こします。

一話読み切りで、様々なエピソードがあり、ハラハラドキドキするとともに、たたりでスカッとしたり、たたりちゃんの優しさに心動かされたり、不思議な魅力のある作品です。

 

 

妖女ダーラ

ホラー作家日野日出志先生の作品。

ある少年が偶然の突風ですれ違った美女の半分髪で隠れた顔を見てしまいます。

その後少年のまわりで不吉な事が起こり始め、そして少年はとうとう……理不尽系自業自得ホラーです。

 

 

ライチ☆光クラブ

精密かつ美しい絵柄の漫画家・古屋兎丸が描いたホラー漫画「ライチ光クラブ」

9人の中学生男子が「ゼラ」というボスを筆頭に、永遠に動く機械人形「ライチ」を創り上げます。

さらに彼らは不変の美しさを求め、同じ年代の美少女「カノン」を誘拐してしまい……

見どころはそのグロテスクかつ美しい登場人物たち。少年たちが引き起こす血と美の惨劇は細かい部分まで描かれ、夢中になってしまいます。

 

 

 

おすすめホラー漫画 ヒトコワ(人間が怖い)・サスペンス編

王様ゲーム

突如、何者かからクラス内で王様ゲームを実施するというメールを受信した主人公、伸明。ルールは簡単、王様の指示に従って行動するだけ。時間以内に指示を実行しないと「王様」によって罰が与えられる。その罰とは……?王様の正体は一体……?
誰もが知っているゲームから繰り広げられるのホラー展開!友情あり、恋愛あり、サスペンスあり。どのホラー漫画から読み始めたらいいの?と迷っている方には是非お勧めしたい作品です。

 

 

カラダ探し

放課後ある条件を満たすと現れる、赤い人とのゲーム『カラダ探し』はとてもスリリングで恐ろしいゲームだった。
クリアするまで毎晩続くゲームは、信頼していた仲間の裏切りもありホラー要素は勿論、仲間同士の心理戦も見逃せません。

見所は赤い人の予想もつかない行動や背筋がゾッとする登場シーンです。一度読めば必ず記憶に残る作品です。

 

 

死人の声をきくがよい

この作品は、グロすぎないサスペンスホラーで、絵もキレイ。程良くリアルな絵柄なので女性にもオススメです。
主人公が幽霊の女の子で、生きている人々を死後の視点で一緒に見守る事になります。なので自分も向う側に行ったらこういう風に感じるのかな、とつい想像してしまう人は多いことでしょう。この肉体さえなければ身軽なのに……と思いがちですが、果たして本当にそうなのか……?
怖いながらも先が知りたくなる漫画です。

 

 

人狼ゲーム

突然誘拐され知らない建物に連れてこられた主人公含む高校生たち。突如として人狼ゲーム開始が開始されます。
村人陣営と人狼陣営に分かれそれぞれ勝利を目指して戦います。役職は自分のものしか見ることはできません。他人を疑い、考察し、議論していきます。
一人ひとりの行動や言動に注目し、読み進めていくことができるおすすめのサスペンス・ホラー作品です。

 

 

富江

絶世の美女な富江に魅了され、恋をしていく男たち。次第に抱くものが殺意へと変わって行き、ついには殺してしまう。

しかし富江は、死なずましてやバラバラにされてもその分増えていく。その度に新たに男が惚れ、殺意を抱き富江を殺す。無限スパイラルの状態に……

伊藤潤二作品の見どころである、女性キャラは本当にどこか美しく惹かれるものをもっています。絶対に読んでほしいおすすめのホラー漫画です。

 

 

トモダチゲーム

大金をかけて友だちとの友情を選べるか、お金を選ぶかという、謎のトモダチゲームに主人公を含むクラスメイト5人が巻き込まれてしまうというストーリー。

どうして自分たちが選ばれたのか、またトモダチゲームの運営者(マナブくん)が何を考えているのか分からず、友情を信じて疑わないはずの5人がゲームを介するごとに段々と空気が変わっていきます。

何がほんとで誰を信じられるのか、人の闇を垣間見れる作品です。

 

 

ミスミソウ

過疎化が進むとある田舎町で、同級生達から凄惨ないじめを受けていた少女が家族を殺されたことをきっかけに彼らへ復讐を行っていくサイコホラー漫画。実写映画化もされました。
いじめ描写や殺害描写などこれでもかというほど陰鬱な展開のオンパレード、そして登場人物の愛憎入り混じった複雑な心理描写で必ずあなたの心を抉ってくれます。
少ない巻数だからこそストーリーのまとまりも良く、満足度の高い作品です。

 

 


 

おすすめホラー漫画TOP

 

おすすめホラー映画特集はこちら