奇々怪々 お知らせ

心霊

猩々さんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

看護師の正体
短編 2021/12/07 20:51 8,813view
これは、数年前に友人のTくんが入院したときの実体験だ。

当時、Tくんは手術のために数日間の入院をしていた。

病室は大部屋で、Tくんのほかに4人の入院患者がいたという。

特に会話があったわけではないが、お互いに挨拶程度はしていたそうだ。

ある夜、Tくんが病室で眠っていると、病室の扉がスーッと開く音で目が覚めた。

時計を見ると、真夜中の2時35分と表示されている。

こんな時間になんだ?誰か起きたのかな?と思いつつ、Tくんはまあいいか、と寝返りを打ってまた眠りにつこうとした。

しかし、今度はカツ、カツ、カツ、という足音が聞こえてきた。

ん?おかしいな。患者はみんなスリッパを履いている。歩く時の音は、ヒタヒタ、パタパタと鳴るはずだ。

足音は、カツカツカツ、と鳴り響きながら、部屋の中をゆっくりと回っている。

なんだ?何してるんだ?と気になったTくんは、そっと目を開けた。

カーテンに仕切られた向こうに、ぼんやりと人影が映っている。

それを見てTくんは、「あ、看護師さんか」と思った。

なぜそう思ったのかわからない。

だが、Tくんの脳裏には、白いナース服を着た看護師さんが、問診票かなにかを小脇に挟んで部屋を回っているイメージが湧いたのだという。

「看護師さんが、夜の見回りに来たんだな。」

そう思って、Tくんは安心してまた眠りについた。


翌日の夜。

Tくんは再び、スーッと病室のドアが開く気配で目を覚ました。うーん…と目を擦りながら時間を見ると、昨日と全く同じ2時35分だ。

あ、またこの時間だ。と思った途端、カツカツカツ、という足音が聞こえてきた。

Tくんは、あー、今夜も見回りに来たのかあ。真夜中なのに、看護師さんは大変だなあ。と思いつつ、まだ目を瞑っていた。

カツカツカツ。
カツカツカツ。

足音はゆっくりと部屋の中を回っている。

どうやら、カーテンで仕切られたベッドを一つ一つ見て回っているようだ。

カツカツカツ。
カツカツカツ。

その音を聞いているうちに、Tくんは、ふいに「待てよ?」と気がついた。

そもそも、こんな時間に、わざわざ部屋の中まで見回りをするものだろうか?
1/3
関連タグ: #声#実体験#病院
コメント(8)
  • こええ

    2021/12/07/23:48
  • ゾッとしました……

    2021/12/11/22:41
  • 四ヶ月入院してたけど、夜の見廻りは有るよ。しかも覗いてくるよ。

    2021/12/13/15:37
  • >四ヶ月入院してたけど、夜の見廻りは有るよ。しかも覗いてくるよ。

    黒いヒールで…?

    2021/12/13/18:16
  • 懐中電灯ポケットに入れて患者が生きてるかどうか見回りはしますね。

    2022/01/27/22:01
  • 返事をしたらどうなってしまうのか

    2022/04/02/06:23
  • 獣の足とかじゃなくて真っ黒なヒールなのがクソ怖い

    2022/04/02/23:44
  • おっかねぇ

    2022/06/24/16:21

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。