奇々怪々 お知らせ

心霊

有野優樹さんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

心霊スポットに行ったから
短編 2024/04/13 18:41 3,585view
2

「心霊スポットって、やっぱり行っちゃいけないんだと思ったことがあって。人も巻き込んじゃうし」

そう話を聞かせれくれたのは香菜(仮名)さん。香菜さんが大学生の頃の話だという。

香菜さんにはAさん、Bさんと仲の良い友達が2人いた。授業もお昼もいつも一緒で、他愛もない事から真面目な事まで様々な話ができ、隠し事なんてなかった。

ただ、“一つ”を除いて。

正確に言うなら隠していたわけではない。言う必要も言うタイミングもなかったので、言わなかっただけだったのだ。

とある日。いつも通り3人で学校前から出ているバスに乗り込み帰っていたときのこと。1番後ろの一列になっている席に座り、今日学校で起きた事、最近ハマっていることなどの雑談をしていた。すると

「バスさっきから進んでなくない?」

とAさんが言った。数分乗っていれば本来なら通過している場所を通過しておらず、止まるたびにエンジンを切るタイプなバスは静まり返っていた。外を見ると車の列。

「渋滞だ。珍しいね」

みんなで話せる時間が増えたと思えばと、前向きにとらえ直し、静かな車内に気を遣いながら話しの続きを始めた。

しばらくすると動き出すがまた止まってしまう。動き出す、止まるを繰り返している。歩いた方が早いような気もするが、学校の疲れもあるのでそんな気持ちになれない。

するとBさんが

「ねぇ、あれなんか変じゃない?」

運転席の上、次のバス停の案内が出る電光掲示板を指差した。いつもはオレンジ色の文字で表示されているのだが、今日は赤く文字化けしているように見える。色の不具合は気のせいかもしれないが、文字は明らかに読み取れない。

「壊れてるのかな」

「運転手さんも気づいてないっぽいよね」

ほとんどの文字は読み取れない。
だが、一つの文字だけは読み取ることができた。

『骸』

むくろ。

本来の色ではない赤、その赤色で書かれていた。

「‥なに、あれ」

3人とも見た。顔を見合わせ、口に出すこともなく怖さを目配せで共有している。赤く表示される骸の文字は、怖い、不気味を通り越して理解ができなかった。

何もできずそのままでいるとバスが動き出す。静かだった車内に聞こえるエンジン音、それだけでも心なしか安心感があった。

電光掲示板は次のバス停「貯木場前」を表示している。さっきの文字は、気のせいなわけがない。ただ、何が起こったのかわからず確かめようもないので、この話しは自然としなくなった。

しかし、誰かに聞いて欲しかったので、貯木場に着く前にこんなことがあったんですと、アルバイト先の店長に話すことにした。

「貯木場、前なんだったか知ってる?あそこ、昔は死体の安置所だったらしいよ。戦争のときたくさんの人たちを安置しておいたところ。今は木材置き場になってるけど、あんなに広いのはだからなんだって。もしかしたらそれかもよ?」

「やめてくださいよ!」

何の関係があるのか?と思ったが、あのとき表示された「骸」という字。骸とは死体のことだ。もしかすると関係があったのかも知れない。骸行きのバス。この事実を知って欲しかったのか、それとも‥。

冒頭で書いた2人への隠し事とは、1人で心霊スポットに行っていたことだった。一時期、自分でも不思議なくらい心霊スポットに行くことにハマっていたそうだ。

1/2
コメント(2)
  • 住職さんということはお寺にお祓いに行ったんでしょうか。大事になる前にお祓いしてもらえてよかった。

    2024/04/16/22:25
  • 友人も巻き込む恐れがあるなら尚の事、心霊スポットは行くべきではないですね。

    2024/05/10/13:24

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。