奇々怪々 お知らせ

不思議体験

とくのしんさんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

コイン精米所での恐怖体験
長編 2024/06/05 15:57 2,825view
13

「毎年、新米の時期になると実家からお米をお裾分けしてもらうんです」
そう話を切り出したのは主婦の翔子さん。霊感など全くないという彼女が体験した恐怖体験を紹介する。

実家からお米を貰ったんですけどね。いつもなら旦那が精米に行ってくれるんですけど、そのときはちょうど出張に行ってまして。お米をもらうのに合わせて米びつのお米が終わるように調整していたんです。貰ったときはちょうどお米を切らせた状態でした。

元来、面倒くさがりな性分なんですね、私。9月の終わりといってもまだ暑かったじゃないですか。暑いなか精米行くのもめんどいし、旦那を待つと数日お米がない。かといって買うのもバカらしいじゃないですか、目の前にお米があるのに。思い立ったときに動かないと後々絶対やらないタイプなので、真昼間でしたけど思い切って行くことにしたんです。

米袋って1袋30kgもあるので、これが本当に重いんです!女一人で何とか車に乗せました。車を走らせて最寄りのコイン精米所に向かったんです。そしたらそこがメンテナンス中で使えない。困ったなぁと少し車を走らせていると、よく使うスーパーの駐車場の片隅にコイン精米所を見つけた。
そういえばここにもあったなぁと思って、そこに立ち寄ったんです。そこはスーパーにホームセンター、パチンコ屋などが立ち並ぶ複合施設。平日の昼間でも結構混むんですけど、駐車場の端っこということもあって、その一角はガラガラ。なので積み下ろしが少しでも楽なようにと、車をプレハブにベタ付けして停めたんです。

プレハブの引き戸を開けると、モアっと籠っていた熱気が外に出てきて、もう中は暑いのなんの。そんななかに米袋をやっとの思いで運びましてね。お金を入れて精米を始めました。シャッターが開いた投入口にお米を流し込んで、空になった米袋を受け口にセットしたときには、もう汗だくでした。

「暑い暑い!」
もう口から出る言葉はそればかりで。首に巻いたタオルで顔の汗を拭きながら、受け皿に溜まった白米をペダルを踏んで米袋に落とすって作業を始めました。手持ち無沙汰になった私はスマホを取り出して、ネットを見ながら時折ペダルを踏んで・・・という単純作業を繰り返していたんですね。たまに受け口から米袋がズレていないか、っていう確認もしながら。

お米の投入口から玄米が無くなった頃ですかね、スマホを眺めていた私の耳に変な声が聞こえたんですよ。よーく耳を澄ませてみると赤ちゃんの泣き声みたいなんですよねそれが。

「おぎゃあ・・・おぎゃあ・・・」

今にも消えてしまいそうな声がしたので、私は顔を上げてあたりの様子を見ました。しかし、近くには誰もいないんです。あれ?聞き間違いかな・・・?そう思ってもう一度スマホに目をやるとまた聞こえるんですよ。

「おぎゃあ・・・おぎゃあ・・・」って。

今度はさっきよりはっきり聞こえたので、近くにいるなっていうのがわかりました。それで顔を上げて耳を澄ませていると、段々と声が大きくなってくる。というか近くなってくるという方が正解かも。その迫ってくる声がどこから聞こえるのかわからず、私は凄く怖くなって外に出ようとしたときでした。

ふと、精米機にある小窓部分に目が行ったんです。その小窓は精米機内部のお米の残量などを見ることができるんですけど、そこから赤ちゃんがこちらを見ているんですよ。
それが・・・ただの赤ちゃんじゃないんですよ。顔がね・・・パンパンに膨れ上がって真っ赤になっているんですけど、その赤ちゃんがその小窓をバンバン叩きながら「おぎゃあ・・・おぎゃあ・・・」って泣いているんです。まるで助けを求めるかのように・・・。

次の瞬間には思いっきり悲鳴上げてました。ありえないじゃないですか、そんなところに赤ちゃんが入ってるなんて。びっくりして外に出ようとしたら、凄い勢いで引戸が勝手に閉まったんです。そしたらそのドアが開かない。カギは外からしかかからないタイプのドアなんですけど、まるでカギを閉められたようにドアが開かない。

その間も真っ赤な赤ちゃんは小窓からずっとこっちに向かって泣いているんです。私は後ろを振り返り赤ちゃんの様子を見ながら、必死にドアを開けようとしていました。でもドアは頑として開かない。
そうこうしていると赤ちゃんがさらに膨れ上がるんですよ。風船みたいにパンパンだった顔がさらにパンパンになっていくんです。そしたらもっと苦しそうに泣くんですよ・・・。その光景に私はもう声すら出ないほど怖かったです。

それで限界を迎えたんでしょうね・・・最後に「ぶぎゃ!」と変な声出したと思ったら、

パン!

て赤ちゃんの顔が弾けたんです。その瞬間、真っ赤な血が小窓にベチャッ!って・・・。
思わず目を伏せました。しばらく目を瞑っていたら、パラパラパラ・・・とお米が地面に落ちる音に気付いて。目を開けたら受け口から精米されたお米が溢れていたんですけど・・・

そのお米が血に塗れて真っ赤に染まっていたんです。

それを最後に記憶が途切れました。
次に目が覚めたら病院のベッドで。コイン精米所のプレハブのなかで倒れていたそうです。熱中症と診断されたのですが、あともう少し発見が遅かったら亡くなっていたと聞かされました。
それもそのはず、私は炎天下のなか閉め切られたプレハブの中で倒れていたというのです。ずっと停まったままになっている私の車を、警備員の方が不審に思って近づいてくれて異変に気付いたということでした。
出張先から旦那も駆け付けてくれて、凄く心配してくれました。その日は1日点滴をして様子見をしたあと、次の日に退院となりました。

あとで知ったことですが、過去にその駐車場で痛ましい事件があったそうです。生後間もない赤ちゃんを、車内に放置したまま両親がパチンコに興じていたという事件です。パチンコ屋のスタッフが駐車場の見回りで見つけたときには、既に熱中症で意識はなく搬送されましたが、意識が戻ることなく亡くなったといいます。もしかすると私が見たのはその赤ちゃんだったのかもしれません。

体験談は以上なんですが、ちょっとした後日談がありまして。
そのとき精米したお米なんですけどね。無事精米できていたということで炊いてみたんですが・・・その・・・変な味がするんですよ・・・。旦那曰く

1/2
コメント(13)
  • 最後の主婦の行動が一番恐怖だろ

    2024/06/05/15:59
  • ちょっと調子に乗って4本投稿してみました。

    とくのしん

    2024/06/05/16:12
  • とくのしんさんの作品を読むのが楽しみなので嬉しいです
    これからも投稿を楽しみにしてます

    2024/06/05/22:48
  • 怖かったです!

    2024/06/06/21:52
  • 調子に乗りすぎ

    2024/06/08/08:19
  • 今月も絶好調ですもんね。他の投稿者さんも頑張ってください。

    2024/06/08/20:35
  • 絶好調です!

    2024/06/09/09:13
  • 自分は食べないで旦那に食べさせてる行動が超絶ホラーすぎて

    2024/06/09/11:05
  • 調子に乗れるのも才能

    2024/06/10/09:42
  • チートだろ。

    2024/06/12/22:36
  • チートの内容教えてください

    2024/06/13/09:07
  • この話、熱中症で幻覚を見ていただけっていう解釈の余地が残ってるのが怖い。
    精米機に米を入れた後に鳴る機械の音を鳴き声と勘違いしたんじゃないかな。

    2024/06/22/11:50
  • その解釈は全く浮かばなかったなぁ。凄い

    2024/06/22/23:26

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。