奇々怪々 お知らせ

心霊

夕暮怪雨さんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

コインランドリー
短編 2021/10/20 11:42 1,442view
私はコインランドリーをよく利用する。最近のコインランドリーはテレビや自販機も完備されてる場所もある。そのお陰か、待ち時間を持て余す事も減ってきた。そんな最新とはかけ離れた古き良きコインランドリーで経験した不思議な話をLがしてくれた。

それは現在、SEをしているLが大学生の一人暮らしをしていた頃。
時期は梅雨で、洗濯物を乾かすのにも一苦労していた。彼の住んでいたアパートには洗濯機が備え付けられていたが、乾燥機はなかった。そのため、雨が続いた日は近くのコインランドリーの乾燥機を利用していた。そこは昔ながらのコインランドリーだった。いくつかの洗濯機と乾燥機。ぼろぼろの丸椅子、誰が買ったか分からない、読み跡だらけの雑誌が数冊のみ。Lはこの何とも言えぬノスタルジーさが好きだった。

利用する時間帯はほとんど深夜、人も居ない、自分だけの時間だ。その日もL以外、誰もおらず、丸椅子に座り雑誌を読んでいた。乾燥機の回る音だけが部屋に響いた。下を向いて雑誌を読んでいると、珍しく人が入ってきた。「おや?誰だ?」そう思い、首を上げた。すると乾燥機の前に、恰幅の良い中年女が立っていた。手には大量の洗濯物が入っているビニール袋を持っていた。顔を見ようとしたが髪の毛で隠れて見えない。ただ白髪混じりだ。

若い女ならまだしも、中年の女だ。特に意識する事もない。Lは雑誌を読み進めようとした。女は洗濯物を乾燥機に放り込んでいる。それを見て「こんな沢山よく溜め込んだな。まぁ梅雨なら仕方ないか」と心の中でLは呟いた。そしてコインを入れる音がした。「チャリン、チャリン」100円を2枚、計20分だ。Lはもう一度、中年女の方を見た。すると女は大型乾燥機の中を覗き込んだかと思うと、つま先が見えなくなるまで身体をねじ入れた。そして手が飛び出し、内側からドアを閉めた。中年女の奇怪な行動にLの思考は追いつかない。状況が飲み込めず、呆然と座っていた。しかし危険な状況だと気づき、中年女が入ってるであろう、乾燥機に慌てて向かった。


乾燥機のガラス窓には、張り付きぐるぐる回る中年女の姿があった。白髪混じりの髪の毛を振り乱し、満面の笑みでLを見て、ケタケタと笑っている。驚きと恐怖で悲鳴をあげ、Lはコインランドリーを飛び出した。「助けを呼びに行くべきか?いや、あれは人間ではないのでは?」そんな考えを巡らし、兎に角、コインランドリーから離れた。途中、立ち止まり冷静になる。自分の洗濯物も取りに行かねばならない。もし本当に人なら命の危険もある。

Lは踵を返し、勇気を出してコインランドリーに戻った。入り口に立つと、中年女が入ってるであろう乾燥機前に若い女の後ろ姿があった。

「乾燥機の中の女を見て、助けようとしているのかもしれない」Lは急いで店内に入り、若い女に声をかけた「すみません」。すると乾燥時間終了のアラームが鳴った。女性はLの声に振り向く事なく、乾燥機のドアを開けた。「中年女はどうなった?」Lは横目で乾燥機の中を見た。しかし中年女の姿はない。

若い女は黙々と服を取り出し、袋に入れている。「俺、頭がどうにかなったのか...」と自分に呆れ、Lはただ立ちすくしていた。若い女が
袋に服をしまい入れ、こちらを向いた。Lは女の顔に視線を向けた。すると若い女は満面の笑みでLを見ていた。あの中年女の顔と瓜二つだった。恐怖でなのか、Lの額に大粒の汗が噴き出た。乾燥機に背を向け、若い女が立ち去るのを見送ると、ケタケタと笑い声が聞こえ、開けっ放しであろう乾燥機のドアが「ガタン」と勝手にしまる音が聞こえた。

Lは自分の服も取り出さず、そのまま急いで自宅へ帰った。翌日の昼、恐る恐るコインランドリーに戻ると、くたびれたおじさんがイス座り、何事もなく件の乾燥機を利用していた。
内心ホッとした。そして誰かが取り出してくれたであろう、自分の服をLは持ち店を出た。
それからこのコインランドリーは使う事はなくなった。しかし今でも営業しているそうだ。
中年女と若い女の関係性は分からぬままだ。
1/1
コメント(3)
  • こええ……

    2021/10/20/11:47
  • 想像したらめちゃ怖い

    2021/10/23/16:00
  • どうやって乾燥機のスタートボタン押したんだ

    2021/11/17/11:15

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。