奇々怪々 お知らせ

不思議体験

空穂さんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

不気味なYouTubeチャンネル
短編 2021/12/04 21:59 2,641view
これは、友人のRくんが教えてくれた、YouTubeにまつわる奇妙な体験談だ。

当時、Rくんはオカルト系のYouTubeチャンネルにハマっていた。
皆さんもご存知の通り、YouTubeは何か視聴すると関連動画や傾向の似た動画がどんどんオススメに出てくる。
その動画も、オススメとして表示されたものが偶然目に留まったらしい。

サムネイルはどちらかというと地味な作りだったという。タイトルはうろ覚えだが、確か「海であった怖い話まとめ」とか、そういうよくある感じだった。
試しにクリックしてみると、白い壁を背景に、一人の男性が映った。
20代後半くらいだろうか。黒髪メガネに痩せ型で、ごく普通の、地味な見た目だ。
その男性が、手元のカンペらしき紙を見ながら、ボソボソと怖い話を朗読している。
しかし、話し方は聞き取りづらいし、声もあまり良くない。編集もろくにされておらず、ほぼノーカットの録画に、かろうじて効果音や字幕を付けた、という程度だった。
あー、あんまりクオリティ高くないな。つまんないな。とRくんは思った。
いつもならすぐに視聴をやめるのだが、ふと、その動画の再生回数が妙に多いことが気になった。
こんな乏しいクオリティにも関わらず、2万回くらいは再生されていたという。
しかも、コメントも150件近くついている。
なんだ?実はこのあとめちゃくちゃ面白い展開になるのか?それとも炎上案件かな?
興味を引かれて、Rくんはそのまま動画を再生し続けた。
しかし、30分ある動画のほぼ終盤まで観ても、正直全然面白くなかった。
あー、時間無駄にしたな、それにしてもなんで再生回数がこんなにいってるんだ?
Rくんがそう思った時だった。

ふいに、画面の男性が妙にはっきりとした口調で、

「では、今週の天罰の時間でーす」

と言った。
天罰?とRさんが訝しんでいると、男性は先ほどまで持っていたカンペの紙とは別の紙を手に取ると、そこに書かれているらしい名前を次々に読み上げ始めた。

「福岡県、ヨコダミサトさん。京都府、オカノシノブさん。神奈川県、フジミヤヨイさん。愛知県、イドショウジさん。」

こんな調子で、ど 地名と人の名前を次々読み上げていく。それが、5分以上も続いた。
なんだこれ?とRくんがポカンとしていると、ふいに、知っている名前が聞こえてきた。

「──東京都、EガワNヒコさん。」

それは、去年鬱で休職した果てに自ら命を絶ってしまった上司のEさんの名前だった。
偶然の一致かもしれないが、思いがけない名前を聞いてしまいRさんはギョッとした。
そうしていると、唐突に名前の読み上げが終わった。最後に男性が、紙から顔を上げてこちらを真っ直ぐ見て言った。

「以上が、今週天罰が下って死ぬ人です。それではまた次の動画でお会いしましょう」
1/2
コメント(2)
  • ゾワっとした

    2021/12/05/00:07
  • こんな都市伝説ありましたよね
    怖すぎる

    2021/12/05/11:24

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。