奇々怪々 お知らせ

呪い・祟り

kanaさんによる呪い・祟りにまつわる怖い話の投稿です

辞められないバイト(加筆修正版)
短編 2023/04/02 22:10 30,553view
9

まず、このバイトのことはあまり詳しく話せません。
話すと大勢の人に迷惑がかかるかもしれないからです。

ただし、名誉のために言っておくと反社会的なバイトではありません。
世の中にはグレーゾーンな仕事がたくさんあって、
ボクのバイトもその一つだということです。

そんなグレーな仕事にボクはもう十年以上勤め、
バイトリーダー的な存在となっているのですが、
本当はもうこんなおかしなバイトは辞めたいのです。
でも、怖くてそれができないのです。

最初にこのバイトに就いたとき、ボクの部署には先輩が二人おりました。

一人は正社員崩れの五十代後半の男性。
もう一人は老後の人生を歩んでいる七十代のおじいちゃんです。
ボクはバイトとはいえ、一生懸命にこの二人から仕事を教わり、
あっという間に仕事を覚えていきました。

ある日、五十代男性が社長室に呼び出され、クビを宣告されていました。
その時の騒ぎたるや、社長室から二人の怒鳴り声が響き渡り、
内容も丸聞こえでけっこうな騒動になりました。
要は正社員並みの給料をもらいながら技術的なレベルも低く、
バイトと同じ仕事しかできない彼を会社は早くクビにしたかったのです。

何のことはない、ボクは最初から彼の代わりに安い人件費で

良く働く要員として雇われたというわけです。

彼は社長室で自分が能力がないのを認めつつ、クビになったら
もう食って行けないからクビにしないでくれと哀願していました。
でも結局クビになり、しばらくして社員たちの間で彼が自殺したという話が
広まっていました。

ボクはいたたまれなくなりました。
彼がクビになったのはまるでボクの責任のような気がしたからです。

そしてまたしばらくして、今度は七十代のおじいちゃんもクビになりました。
結局ボクは二人の仕事を一人で全部こなすことになりました。
会社側からすれば、二人分の仕事を一人の賃金でできるのですから
助かったとは思います。

1/3
コメント(9)
  • kamaです。
    この作品の舞台となっている会社は、実はボクが以前書いた「ひとり深夜に人の歯を焼く」という作品と同じ会社になります。合わせて読まれるとより不気味さが感じられることと思います。
    ちなみに主人公は別人で、あっちの作品の主人公はこの会社を辞めています。

    2023/04/02/22:15
  • 両方を読ませて戴きましたが、ぞっとする恐さがありました。会社に呪いがかかっているように思えてなりません。正社員の人ばかりが不幸に見舞われて気の毒です。いっそのこと会社が倒産してしまえば免れるのでは?

    2023/04/02/23:53
  • ↑kamaです。両作品読んでいただき感謝です。
    例えば街角の小さなタバコ屋がつぶれないのは何故か? 等、
    世の中の隙間にいるものはなかなかつぶれないんですよねぇ。
    この会社は早く消えた方が世のためですね。

    2023/04/03/07:16
  • これは「呪い」がかけられているといえば正しいかも。

    2023/04/03/08:21
  • 怖いですね、、これからバイトしようと考えているところなので、こんな変なところで働かないようにしたいと思います。

    2023/04/03/17:05
  • kamaです。コメントありがとうございます。↑↑間違いなさそうですね、呪い。
    ↑面接がんばってください~。

    2023/04/03/18:06
  • 過去になぜか神棚が社員の机に向けて頻繁に不幸な事が起きた話を思い出したのですがこれと同じですよね?

    2023/04/03/21:36
  • ↑kamaです。コメントありがとうございます。いろいろ読んでいただいて感謝です。
    あなた、スルドイですねぇ。

    2023/04/04/07:09
  • 10年以上やってるのに、なぜ正社員にならないのかという疑問ですが、例えば実はここが会社ではなく病院だとしたらどうでしょう?正社員になるには医師免許や看護師免許が必要になる。だけど、死体洗いや遺体安置は資格のないバイトでもできる…そう考えると、呪いは実は別なところにあるのかもしれないデスネ!!

    2023/04/23/22:08

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。