奇々怪々 お知らせ

ヒトコワ

Nさんによるヒトコワにまつわる怖い話の投稿です

友達の日記が怖い
長編 2022/11/06 21:52 13,712view
11
ある日、田舎から出て来たという友達Aの日記を見てしまった時の話。

Aは気さくな性格で、たまたま入学式の時に前列に居た俺に声を掛けてくれたのが始まりで、今では大学生活のほとんどを共に過ごす一番の友達になっていた。
そんなAにはたまに覗かせる陰りみたいなものがあって、時折、上の空というか、どこか焦点が定まらないような顔つきで遠くを見ていることがある。

そんなAの家に泊りがけで遊びに行った時だった。
Aにバイト先から急な連絡が入り、三時間ほどでいいから出てほしいと言われたそうで、俺は「別に行ってもいいよ。三時間くらいならゴロゴロして過ごしてるし」と気楽に見送った。
Aが慌ただしく出ていって数十分後だっただろうか、俺は小さなテーブルに嵩張ったノートを見て「そういえば課題でてたっけ」と思い出し、それとなくAが授業で使っているだろうノートを手に取ってペラペラと捲る。
さすが几帳面なAだ。
どれも要所要所綺麗にまとまった実に見やすい内容だった。

「ん?」

すると、ノートの中に日記帳と書かれた一冊が紛れているのに気が付いた。
この歳でも日記帳をつけているとは生真面目な奴だと笑ってやったが、やっぱりこういうのは中身が気になる。
スマホの中身を覗き見るくらいプライバシーの侵害だが、さわりだけでもと、俺は適当に捲ってみた。

『平成XX年X月X日。
〇〇大学に入学。
〇〇という友達ができた。』

「お、俺か」

そこには大学入学初日くらいの日付で、俺の名前が書かれていた。
こうやって相手の内面を知ると少し恥ずかしい気持ちが込み上げてくる。
俺は昔のAがどんなだったか気になって少し過去にさかのぼってみることにした。

『平成XX年X月X日。
明日地元を発つ。
新生活は不安だが楽しみでもある。
友達ができるといいな。』

これは田舎から出る前日の日記だろうか。
Aも人並みに不安に駆られていたようだ。

もう少しさかのぼってみる。

『平成XX年9月4日。
今日も夢を見た。
いい加減かんべんしてほしい。
過ぎたことだ。
消えてくれ。』
1/7
コメント(11)
  • いいね
    しっかり怖かったです

    2022/11/07/09:36
  • 牛丼に睡眠薬とか入ってなかったんかね?

    2022/11/08/13:29
  • 自分なら行ってみたい気もするが…ごくり…

    2022/11/09/12:16
  • おおー怖っ
    ためはち

    2022/11/10/07:16
  • 気をつけてください

    2022/11/10/14:24
  • 絶対に行くべきだよ。行く目的が分かってる点でBCDとは全く違う訳だし、Fを殺る方法も日記から読み解いている。がんばれー!

    2022/11/10/17:51
  • 洒落怖っぽくてイイ!

    2022/11/10/22:43
  • 普通に怖い

    2022/11/13/01:07
  • いやいや行くのはヤバいだろ

    2022/11/14/00:56
  • 面白かったけどちょっとグロかったw

    2022/11/14/10:55
  • 怖い。

    2022/11/24/12:06

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。