奇々怪々 お知らせ
           
  • 10/1 9月度怖い話グランプリを決定し、殿堂入りを追加しました。

ヒトコワ

からけんJrさんによるヒトコワにまつわる怖い話の投稿です

村八分
長編 2021/03/11 07:43 30,878view
15
10年前まで私は東北地方の村に住んでいた。

私の村は田舎も田舎でコンビニなんかはもちろんカフェもなく1本しか道路が通っていない森の中にあるような村だった

私と同じ年の子供なんかは村の中にはおらず
学校が休みの日なんかは一人でゲームをしたり森の中や近所のおばあちゃんの家が私の遊び場で、しょっちゅう一人で遊び回ったりしていた。

物覚えついた頃からこうだったので特に不満も違和感もなく過ごしていたし、村中の人間は全員家族のように私に接してくれていたので私はこの村が大好きだった。

私が小学校高学年に上がった頃

村に外部からNさんという一家が移住して来た
一家といっても母と子の二人家族で

元々東京に出ていたらしいのだが N母の病気をきっかけにのどかで持ち家があるこの田舎に戻って来たのだという

持ち家はこの田舎にしては結構立派でよくみんなが集会という名の飲み会やお茶会の会場として使っていたので私もよく母に連れられていったものだった

そのせいか母や父や近所のおばさんが

「何で今更戻って来たんだ」

と影で噂しているのを何度か聞いたのを覚えている

Nさんは穏やかでとてもいい人だった

村では比較的若くて(多分40歳手前くらい?)新参者だった ためか

草むしりや重たい荷物の運搬や村の雑務をかなりの頻度で頼まれていたが

嫌な顔一つせずいつも笑顔でこなしていた。

Nさんが移住して来て3ヶ月ほどたった頃

いつものように私が学校から帰っていると

後ろからクラクションが鳴らされた

「私ちゃん!」

車の中にはNさんがいて

「歩くと大変でしょ?村まで送るよ?」

と言ってくれた。

私の家から学校までは子供の足だと暑いて1時間ほどかかる道のりだったのだ

両親や村の人間はあまりNさんをよく思っていないと子供心にわかっていたが

私はいつもニコニコしていてどことなく知的なNさんが好きだったのですぐに送ってもらうことにした

車の中でNさんは色々な話をしてくれた
1/7
コメント(15)
  • いい話だなあ。
    糞みたいな村人に漏れなくバチ(祟りや呪いより被害者Nさん側に正当性があるからバチと呼びたい)が当たりますように。

    2021/03/11/09:38
  • 因果応報、天罰ってあるんだなって思った

    2021/03/11/17:31
  • “かつを”を思い出した。

    2021/03/12/01:43
  • かつをしかりやっぱりどこにでもあるんやな

    2021/03/12/01:57
  • いわきに来たけど、東京から来た人の文句は言うわ避難民の文句は言うわ
    結局よそ者が嫌いなんだってよくわかる

    2021/03/12/13:13
  • 死んだ後も苦しんでほしいね
    死ぬだけじゃ精算しきれない罪だよ
    投稿者さんを巻き込んだのだけが唯一の落ち度

    2021/03/12/14:06
  • 東北のど田舎住んでるけど普通に村八分的な事がある。横の繋がりが深いから一人に嫌われたらアウト。誰も助けてくれない

    2021/03/12/22:06
  • 東海の比較的都市で職場でだけどあった。小さいコミュニティがそれなり続いていた所は、よそ者に対して同じこと起こりやすいのかな。あのお局は元気かな。

    2021/03/13/13:00
  • 他人事とは思えない。いつ自分の身にもそんな恐ろしいことが降りかかってくるか心配だ

    2021/03/14/15:55
  • 俺は田舎生まれで今もその田舎に住んでるけど、やっぱり他所なら来た人って目立つから噂とかは立ちやすいね。
    都会に住んでる人は分からんかも知れんけど、知らん人がいるって事に慣れてないから怖いんだよ。年寄りは特に

    2021/03/15/23:44
  • 怖いなーと思うけど宮城の割と田舎の方に住んでるから少し複雑な気持ち
    田舎はどこでもそんなことばかりだとは思わないで欲しいです(小声)

    2021/03/23/18:54
  • とうほくの端っこだけど筆者さんの体験ほどは陰湿では無い…
    ゾッとしました!

    2021/04/02/03:39
  • これが事実ならほんと胸糞だけど、まともな精神を維持できた投稿者さんは幸いでしたね。なぜ発見させたのか、恨んでいたわけでもないだろうし子供を犠牲に復讐するほど村全体を憎んでいたのか。とはいえ、他人の持ち家を公民館のように飲み会なんかで使う時点でまともな村じゃないなぁと。

    物覚えではなく物心ではないかな?変換ミスもありました。が、それを差し置いても厭なお話で、死ぬまでとその後の祟りのような事案の連続は怖かったです。離婚して村を出れたのは不幸中の幸いですね。

    2021/04/02/09:20
  • 村八分の様なことは確かに有りますね。私も東北の山奥の出身で今は単身都内におりますが、まだ家族は健在です。成人した今ならわかりますが、田舎の村独特の陰湿さは有ります。
    私も兄弟も両親や祖父母も、叔母も大分いじめられました。
    今思えばなかなかひどかったですね。
    都会から引っ越して来た家庭ではなく、元々その地に住んでいるのですが何故か嫌がらせはされました。
    今は昔ほどではないですが、家族に聞くとやはりあるみたいです。
    両親から「どんな嫌がらせを受けても同じことを人にしてはいけない。心は腐るな」と教えられ、子供の頃は理不尽だなと思っていましたが、大人になり少しずつ理解できるようになりました。
    ずっと都会に居るのかどうかはわかりませんが、田舎に帰るとしても悪しき風習に飲まれない様に強く生きて行こうと思います。

    2021/04/05/02:54
  • 私も、悪しき風習に負けないように頑張ります。

    2021/10/05/18:26

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。