奇々怪々 お知らせ
           
  • 10/1 9月度怖い話グランプリを決定し、殿堂入りを追加しました。

不思議体験

ヤーチャリーさんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

顔も知らない祖父の思い出の話
短編 2021/08/25 12:24 208view
私の父方の祖父は、私が生まれる前に亡くなりました。当時の祖母の落胆は激しく、その分私が生まれた事を喜んでくれていたそうです。
ですが、私は一度だけ死んだ祖父と会った事があるのだそうです。幼い頃なので記憶が無い部分があり、祖母や母からの伝聞の話も含まれますがご承知ください。

私が四歳になる頃、父方の実家へ向かう事になりました。遠くに住むお祖母ちゃんに会えるという事で私はとても喜んでいましたが、懐いていた父が仕事の関係で来られない事には不機嫌でした。感情の振れが大きい子供が移動の為に電車に乗っていれば、当然体力を使い切って眠ってしまいました。
夢の中で私は知らない部屋の中で車の玩具で遊んでいましたが、その相手をしてくれたのは見知らぬ老人でした。暫く夢の中で彼と遊んだ後に目覚め、丁度もうすぐ駅だからそのまま起きていなさい、と言う母に「知らない人と遊んでる夢見てた」と伝えたのですが、当然母は意に介する事も無く。その後はぐっすり眠った為か特に眠る事もなく父の実家へと到着しました。
祖母に一頻り歓迎された後、「お仏壇にもお参りしていって」と言われた私達はそのまま仏壇に手を合わせました。その時私はふと仏壇に置かれた写真を見て、「このおっちゃん夢の中で見たわ」と言ったそうです。その時祖母は大泣きしたらしく、また当時の私は悪い事をしたのかと混乱しきりでした。その日は仏壇に一際豪華なお供え物が用意され、祖母も私達も仏壇にしっかり手を合わせていたそうです。

この話について私が覚えている事は殆ど無いのですが、夢の中の光景は記憶に残っています。当時の私はかなり気が荒く、それは遊び方にも出ていました。夢の中の祖父に車の玩具をぶつけたり蹴とばしたり、彼も流石に怒ったのか「コラッ」と一喝された所で目が覚めたのです。もし本当に祖父だったのなら大変申し訳ないことをしたなあ、と帰省の度にこの一件を思い出し、そして反省しています。
1/1
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。