奇々怪々 お知らせ

心霊

白髭さんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

廊下を歩き回る黒い影
短編 2021/08/12 16:37 250view
お盆のこの時期に私の母親と兄が亡くなりました。夏の暑い時期ですから良く覚えています。

不思議なことに母親が亡くなぅた後2~3日後に私の家の廊下を誰かが歩いていると感じました。もともと母親とは近くですが、違う家に住んでいて、毎日会いに行ってとても母親も私もそれなりに満足してました。

でも亡くなるときは一瞬で逝きました。
昼間にもう帰るからと母親に告げ、母親も気を付けて帰れよと言ってくれましたが、それが最後の会話になりました。

その夜兄貴から電話があり母親の調子がおかしいから医者に行くと言われました。夏場だから熱中症の疑いがあるなと思いましたが、そんなに深刻には考えていませんでした。
しかし病院に着いた瞬間です。意識がなくなり緊急処置室に入りました。
心肺蘇生をし、なんとか心臓が動きは始めましたが、意識は戻らず約一週間で亡くなりました。

葬式も終えて私もさみしいけど、早く通常の生活に戻りたかった。
そんなとき妻が私に言うのです。
「お父さん、廊下でだれか黒い人影が歩きまわってる音がする」と。
私はああ母親が心配してきてるのだな、と思い妻には気のせいだと言いましたが、私も実はお通夜の日に自分の家で廊下を歩く音を聞いてました。
妻だと思い部屋をのぞいても妻は寝てました。
やはり母親の魂が心配または混乱してあちこちに、行っているのだなあ、と思いました。

普通ならここで話は終わるのですが、私の話はまだ続きがあります。
母親の葬式の数日前に兄の病気が発覚したのです。リンパのガンでした。

兄はそれを知らされながらも、母親の葬式を行い、どんなに心配でつらい思い出したかと思うと、今でもかわいそうだと思います。
これからは兄貴の闘病生活が始まりました。
色んな治療を試しましたが、残念ながら、ちょうど一年で亡くなりました。

この時もやはり廊下には足音を立てて動き回る黒い影があり、今度は妻も見ました。
私達が心配で出てきているのかもしれません。
お盆にはしっかりと兄、母親の思い出をかみしめながらお墓詣りに行きます。
1/1
コメント(1)
  • せつない

    2021/08/12/16:54

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。