奇々怪々 お知らせ

呪い・祟り

魔魅子さんによる呪い・祟りにまつわる怖い話の投稿です

近所の奥さんの怖い一面
短編 2020/11/06 22:24 3,421view
近所の奥さんのなかに、とってもおとなしくて、周囲からみると、いわばいじられキャラの人がいます。
A美さんといって、ちょっとポッチャリしている物静かな人で、いつも近所の子供たちの面倒を見ている優しい奥さんだったんです。

ですが、そのためにママさんグループのリーダーに目つけられてしまいました。
リーダー格のT子さんは、双子のママなのですが、とにかく外出が好きな人で、A美さんに自分の子供を押し付けて、美容院だヨガだと出歩いていたんです。

「A美さんって、なんでもお願い聞いてくれるから好き」
それがT子さんの口癖でした。

双子の女の子は3歳になり、ちょうどA美さんの子供と同い年でしたので、3人はすぐに仲良くなりました。
ですが、一気に3人の子供の面倒を見るのは、かなり大変そうで、私も心配だったんです。
そこで、「断った方が良いよ」というと、A美さんは満面の笑顔で、「私、子供が大好きだから」と言うんです。
本当にA美さんって優しい人なんだなって思いました。

どんなに忙しいときも、T子さんの無理難題を聞き入れていました。
それなのに、T子さんは全く感謝をせずに、やりたい放題でした。
そんなある日。変な噂が流れたんです。

それは、リーダーママのT子さんが不倫をしているというものでした。
不倫?T子さんが?と、皆が不思議に思いました。
その理由は、T子さんはとってもご主人のことが大好きで、いっつもベッタリでしたし、芸能人が不倫をすると、スッゴク厳しい発言をする人だったんです。
そして、T子さんもその噂を否定しました。

どうやら、ヨガのインストラクターに車で送ってもらったことが噂の真相らしく、「困るわ」と笑っていました。そして、A美さんも「きっと勘違いよ」と、フォローしたんです。
確かに、そういった勘違いをすることもあるのだろうと思い、噂も次第におさまってきた頃に、T子さんの双子の娘さんが爆弾発言をしたのです。

それは、「ママの恋人」発言です。
ヨガのインストラクターの男性がなぜか双子の娘さんと楽しそうに話していて、近所の奥さんが不審に感じて話しかけたら、そう言ったそうです。

1度は静まりかけた噂話が、再び広がったのです。
今度は、T子さんのご主人の耳にもそのことが入って、大騒ぎになったんです。
近所中に騒ぐほどの大ゲンカに、私たちは他人事ながらドキドキしました。
それから、近所の人たちの態度はガラッと変わりました。
あれだけいつも皆の中心になっていたT子さんは、皆に無視をされてだんだん孤独になっていきました。

そんなT子さんに手を差しのべたのはA美さんでした。
A美さんは、一人になったT子さんの悩みを親身に聞いてあげてました。
あんなにからかわれたり、意地悪をされていたのに、なんてA美さんは優しいんだろう。と、思っていたんです。

ですが、結局はT子さんはご主人と離婚。双子はご主人が引き取ることになりました。
寂しそうに歩いていくT子さんの後ろ姿がとても印象的でした。
皆は、しばらくT子さんの悪口を言っていましたが、いつしか彼女の存在を忘れたかのように、普段の生活に戻っていました。
1/2
関連タグ: #オカルト#子供
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。