奇々怪々 お知らせ

心霊

とくのしんさんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

峠の怪異 
短編 2024/02/01 13:38 2,839view
4

正月に久々に会ったワタルという従弟から聞いた話。

新米警察官のワタルは、上司と二人で夜に巡回していた。すると無線が入り、〇〇峠にて事故が発生したとの通報を受けた。一番近くにいたワタルとその上司が向かうことになった。

峠道を進むこと15分程、ハザードをつけたスポーツカーが1台止まっていた。パトカーの赤色灯に気が付いたのか、運転手と助手席から男が2人車から降りてきた。ワタルはそのスポカーの後ろにパトカーを停め、2人に近づいた。

2人はやや興奮気味で状況を説明し始めた。峠道を走っていたところ、後方からバイクが追い越してきた。追い越したバイクはそのままの速度で目の前のカーブに進入。あんな速度でコーナーに突っ込んだら事故を起こすのでは?と思った矢先、正に目の前でバイクが転倒した。バイクもろとも運転手がガードレールの下を潜って崖下へ落ちていったという一部始終を目撃し通報したと男たちから説明を受けた。

ワタルと上司は現場検証を行うため、発煙筒を置いて安全確保をしたあと、2人を伴って現場検証を行うことにした。季節は12月末、ただでさえ冷え込む季節に峠道では寒さがより一層厳しく感じられる。男たちも季節外れの薄着のため心底寒そうに震えていたが、現場検証には協力的だったという。

バイクが転倒したのは大きく曲がる右カーブ。コーナー手前にスリップ痕があり、話通り転倒はオーバースピードが原因と考えられた。道路にはスリップ痕からガードレールに向けて一直線に伸びる擦過痕が残されており、転倒したバイクが十数mも運転手を引きずったまま滑っていたことは見て取れた。

男たちの話では、そのままガードレールの下を潜って崖下へと落ちたという説明通り、確かにガードレールの下の土部分が抉れており、車体の一部がぶつかったのだろうか、ガードレールの一部が大きく拉げていた。その近くにはミラーやカウルといった部品が多く散乱しており、事故の激しさを物語っていた。

実況見分の結果、男たちの説明に矛盾はなく、バイクの搭乗者の単独事故と結論付けるに何ら問題はないと考えられた。上司も同様の見解を示しており、その旨を本部に連絡してくるとパトカーに戻っていった。男たちはライダーの安否を心配していたが、ガードレール下は暗い闇が広がるだけで何も見えない。数十mはあろうこの崖下に落ちてしまえば、まず助かることはないだろうと思ったが、それには敢えて触れずに捜索は明朝から行うと告げて、男たちに安全運転に気を付けて帰るよう促した。

すると通報者の1人がガードレールから少し離れた場所に歩いていく。何かを見つけたようでヘッドライトが微かに照らしたその先に、何か球体のようなものが落ちていた。よく見ればそれはフルフェイスのヘルメットだった。ワタルがそれを確認しようと歩いていくと、2人も後をついてきた。

手にした懐中電灯でヘルメットを照らすと、無残に傷ついたヘルメットの後部が鈍い光を反射した。ワタルがヘルメットを持とうとしたところズシリと重い。ヘルメットがこんなに重いはずないのにと勢いよく持ち上げたものの、思った以上の重量にワタルは手を滑らせヘルメットを地面に落としてしまった。その落ちたヘルメットを見て3人は驚愕した。

ヘルメットの中に男の頭部がそのままになっていた。

思わず「ぎゃっ!」という声が漏れる。

ガードレールに引っかかって首だけがもげてしまったのだろうか?割れたシールド部分から虚ろな瞳がワタルを捉えていた。

心のなかで「ひぇ~南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏」と唱えながら、ヘルメットに手をかけたとき、死んだ魚のような目がギョロギョロっと左右に動いた。

そして血をゴボゴボと口から吹き出しながら「いでぇよ!いでぇよ!」と二度大きな声をあげた。

ワタルは自身が警察官ということも忘れ、2人と叫びながらその場から逃げた。

騒ぎを聞きつけた上司がパトカーから飛び出してきたので、一部始終を説明すると上司が見てくるといって一人向かっていった。遠巻きに上司がヘルメットを探している様子を眺めていたが、上司が首を傾げながらすぐさま戻ってきた。

ヘルメットなんて見当たらないと上司は言った。ワタルは二人を伴って、ヘルメットがあった場所に戻った。しかし、上司の言う通り確かにヘルメットはそこには無かった。上司は3人をひとまず落ち着かせ、ワタルをパトカーに、通報者をそれぞれ車に戻る様促した。

ワタルに代わり上司が運転席に座り、通報者に一礼したあと車を発進させた。ハンドルを握る上司は無言だった。そんな上司の態度に、ワタルは震える手を眺めながら上司にヘルメットの件は見間違いでも嘘でもないと釈明した。上司はただ一言わかっているとだけ呟いた。

1/2
コメント(4)
  • 次の作品も楽しみにしています。

    2024/02/02/07:14
  • 「母さんです」

    2024/02/23/04:02
  • 次の作品はいつ?
    あぁ・・・

    2024/02/23/21:18
  • 今月もたくさんの”怖い”に投票していただきありがとうございました。
    8本目の大賞受賞作品となりました。
    2月は思いかけず”首”がテーマになってしまいましたが、3月は”放送”がテーマの作品になってしまいました。狙ったわけではないのですが。
    そちらもぜひ宜しくお願い致します。

    それといつも私の作品をYouTube等で扱っていただきありがとうございます。
    先日とあるまとめ動画を聞いていたところ、6本中3本が自分の作品でした。
    時折、自分の作品を聞いて悦に入っています(笑)

    多少の脚色はあるものの、自分の実体験や実話をもとにしています。
    これからも動画にしていただけるような作品を世に出せたらと思いますので、宜しくお願い致します。

    2024/03/01/12:42

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。