奇々怪々 お知らせ

心霊

レイレサさんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

B男さんの身に起きたこと
短編 2021/11/18 23:45 374view
親戚から聞いた話です。

親戚の近所には営業職のB男さんが住んでいました。
このB男さんはイケメンでいかにもモテそうな感じですが、少しつっけんどんなところがあるらしい。

このB男さんの身に困った出来事が起きた話です。

ある朝のことです。
B男さんが車の運転中に小型犬を轢いてしまいました。
轢かれた小型犬は即死だったそうです。

小型犬の飼い主に謝罪と葬儀費用を渡してB男さんはさっさとその場を去っていきました。

しばらくすると近所のお寺の住職さんが事故現場にやってきて、手を合わせていました。
事故現場はお寺の道路の前でしたので、お寺さんは中から見えていたのでしょうか。

その後、何日かしてから、たまたまB男さんと顔を合わせる機会があったのですが、なんだか様子がおかしいのです。
顔色が悪いし、何となく機嫌も悪そうだったのです。

仕事が忙しくて疲れているのか、それとも犬の飼い主から何か言われたのか?

B男さんは何日も体調が悪そうな感じで、親戚が声をかけても「なんでもない」と相変わらずのつっけんどんな態度で親戚は少しイラっとしたようです。

ある日の夕方のことです。

買い物帰りの親戚は事故現場があった道路でお寺の住職さんがお経を唱えている姿を目撃したのです。
住職さんに「何かあったんですか?」と尋ねたところ、住職さんから「あなたが気にすることではありませんよ、すぐに忘れてください」と言われたそうです。

しばらくしてからB男さんの体調が回復したのか、顔色も良くなり、普段通りに戻っていたそうです。

親戚はこう考えたのです。

もしかしたらB男さんは死なせてしまった小型犬に憑りつかれていたのではないか?
お寺の住職さんは何か感じるものがあり、事故現場でお経を唱えていたのではないか?
変な噂話が立たないように何があったのか語ろうとしなかったのではないか?

そのうちB男さんは転勤で引っ越しをしていきました。

お寺の住職さんは何があったのか誰にも話していないようですから、B男さんの身に一体何があったのかは分からずじまいです。
1/1
関連タグ: #声#寺#犬
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。