奇々怪々 お知らせ
           
  • 4/1 奇々怪々3月GPを決定し、殿堂入りを追加しました。
  •        
  • 3/1 3月GPより受賞内容が変更になりました。

不思議体験

異世界に入り込んで見たもの
中編 2020/12/28 20:53 1,193view
■私の学生時代の話になります。今思い出しても説明の付け様が在りません。最近ではユーチューブなどで異世界として話題になっている「きさらぎ駅」などが有名だと思います。実際に同じような体験をしてみましたが、本当にそんな事が在るのかと疑っている人が居ると思います。世の中には説明のつかない事が山の様に在ると言われています。人間が想像も出来ない事が知らず知らずのうちに遭遇しているのかも知れません。

■霊界と異世界は何が違うのか、霊界とは目に見えない物が表れたり、物が勝手に動いたり、人が考えもしない事が起きる事で、恐怖を感じてしまいます。心霊やお化けとして知らない人はいないと思います。異世界と言うと、神隠しやこの場面何処かで見た事が在るなどの現象ですが、まったく信じない人もいるのが事実で霊界も異世界も同じだと思っている人もいます、どんな小さな事でも経験をする事により現実味を帯びてくるのでしょう。

■異世界とは、
  普段の生活の中で、並行して別の世界が存在している時間が在りその時間がすれ違った時に、違う空間に迷い込んでしまう現象ではないかと思います。一瞬全く同じ場面に遭遇したり、前を歩いている人が手に持っている新聞を落とすのではと思うと、実際に落ちたり、頭の中で歌っていた歌を近くの人が鼻歌を歌い始めたり、科学では脳が反応してと言う説明が在りましたが、異世界への第一歩ではないでしょうか。

■子供の頃は、良く不思議な現象に遭遇していました。大人になると不思議な体験も起こらなくなって来ました。それがこの歳になって再び変な物が見えたりするようになりました。ユーチューブなどで異世界、パラレルワールドと言う言葉は知られるようになりましたが、私の若い時この様な言葉が無く、殆どが心霊現象と呼んでいました。

■私が20代の時の話ですがとにかく不思議な出来事でした、何十年経っても未だに鮮明に思い出す事が在ります。大学で友達も大体決まって来て良く遊んでいました。その友達は都内に住んでいたので、ちなみに私も都内でした。と言う事とで息が会い良く遊んでいました、
その日も友達の家に遊びに行きなにをする訳でもなく時間を潰していました。あたりが暗くなり、そろそろ帰ろうとして駅に向かいましたが当時は電車の本数が無く駅のホームで1時間近く待つことになってしまいました。勿論携帯電話など想像もしていない時代です。
都心の池袋方面に向かう電車でしたが、来た電車の中は4,5人しか乗っていませんでした、皆さん下を向いて寝ている様な雰囲気でしたが、気もせず乗り開いている席に座りました。暫く走るとカーブに差し掛かり後ろと前が見える程でした。
すると後ろの方からやけに薄暗い電車がはしてくるのが分かりました。回送電車かなと思って気にも留めず外を見て居ると、何か違和感を覚えたのです。誰一人乗っていないのですが、余りにも車内の照明が薄暗いのです。ゆっくりと追い抜いて行くのでした。平行に走り抜いていきましたが車掌さんも乗っていませんでした。此れは普通じゃないと頭の中で何かぐるぐると回り初めて乗っている人に声を掛けようと思いましたが、変人に見られても嫌なので黙って通り過ぎるのを見ていました。

■一旦座席に腰を下ろし今のは何だったのか考えていましたが、もう一度外を見に席を立ちました。そこである事に気が付いたのです。私乗っている電車の外に線路が在りません、小高い丘の様になっていてその下は道路になっていたのです。と言う事は先ほどの電車は何だったのか、え、え、え、在り得ない事です。
確かに電車は走って追い抜いて行きました。幽霊電車としか思えません、こんな事が在るのかと一人で放心状態でした。何なんだ,何なんだ、例のカーブに差し掛かった頃に異世界に入り込んでしまったのではないかと思います。短い時間では在りますが、まったく同じ時間に並行して走る電車が表れて、時間が少しずれてしまったのか、並行の世界が存在するのであれば、もし先ほどの電車に乗る事が出来るのであれば、どの様な世界が広がって居るのでしょうか、絶対に帰ってくることが出来るのであれば一度行って見たい気もします。

■ユーチューブで話題の「きさらぎ駅」も電車に乗っていて時間が重なってしまったために異世界に入り込んでしまった現象だと思いますが、何年後かに帰って来ています。また違う話で、サラリーマンが夜遅く帰る途中で道が同じようで多少違うと言う違和感に気付き歩いていると知っている家やお店が在るに全く見た事もない建物が表れて、何処にいるの分からなくなってしまい、朝気が付いたら家の前で寝ていた、などと言う話も在ります。この話も平行時間に入り異次元の世界入ってしまった例の一つだと思います。

■最近は、部屋の中で人影が見える様になってしまいました。恐怖感は在りませんが、何人かいて、座っている人や立っている人、横に居る人など真っ黒い影の様なものが見えるのです。ではこの話はまた。
1/1
記事編集(作者用) 作者プロフィール
管理人に連絡


コメント(2)
  • 昔だろうがどんなに田舎だろうが、都内ですで1時間も待つ事は無い。

    2021/01/04/17:08
  • きさらぎ駅はYouTube発信じゃない。

    2021/01/15/11:00