奇々怪々 お知らせ

心霊

かたばみさんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

丑三つ時には起きてはいけない
短編 2021/10/27 05:05 426view
私が高校生のときに自宅であった心霊体験です。
高校生のときは霊感が強かったからか、また昔から興味を持っていたこともあり、度々心霊話の漫画などを好きで読んで居たことがありました。

その当時、夜テレビを見ながらお風呂に入らずに寝てしまうことが多く、夜中に起きてシャワーを浴びて寝るというのがわたしの習慣でした。その夜もまた寝てしまいいつも通り夜中の1時30分に起きシャワーを浴びました。

私の家は2階建てで、台所が2階にあり吹き抜け廊下に洗面台があります。夜中のちょうど2時頃ドライヤーで髪を乾かしていたら、台所の入り口にかけてあった数珠のれんが風に吹き荒れたかのように、バー!!と揺れ始めました。

窓が開いていた?!いや、夜中のこんな時間にあんな風は吹かないし、数珠のれんが激しく揺れるのは人が通ったときだけです。一瞬にして凍りつき、台所の入り口を一点して見ていたその瞬間、さー!と白い人間の形をしたものが入り口を横切りました。

一瞬何が起こったのか分からず体が動きませんでした。

幽霊だ…と分かった瞬間、背筋が凍り家族が寝ている部屋に一目散駆け込みました。

その後も自宅で何度か心霊体験がありましたが、そのような体験をしたことがあるのはわたしだけ。何故なんだろうかと当時は怖くて怖くて仕方がありませんでした。

あの出来事以降、丑三つ時には起きてはいけない、夜中に行動をすることは一切やめたのでした。
1/1
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。