奇々怪々 お知らせ

不思議体験

りりすさんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

女の怨念が溜まった彼の家
短編 2021/10/26 11:55 387view
私は16歳の時に付き合っていた彼氏がいました。彼は大学生で実家暮らしでしたが両親は離婚をしており、家は父親のものだったのですがその父親も殆ど家に帰ってきませんでした。

こういった事情もあり一軒家を自由に二人で使って半同棲の様な楽しい時間を過ごしていました。

私はバイトへ行き、彼は大学へ行っていたので私が先に家に帰って家事をして待っていたり一日のんびり過ごすことが多かったです。

一ヶ月程した頃、彼とテレビを見ていたときにいきなり知らない男性が家の中に入ってきました。若い女性と一緒に。それが彼の父親だったのです。私がいると知りすぐに出ていったのですが彼は何だかバツが悪そうだったのでその話題には触れませんでした。

彼の父親は女の人を沢山作ってそれが原因で離婚し家にも帰ってきていなかったのです。

そんな彼の父でしたが母親は優しく私をまるで娘のようにかわいがってくれました。

色々と事情はあるけどそれはどこの家庭も同じ。彼を支えていこう。と心に決めていました。

それからしばらくすると毎日同じ夢を見るようになりました。それは真っ暗闇の道をあるいていると後ろから突然腕を掴まれ振り向くというものでした。いつもそこで目覚めて顔は見えませんでした。

しかし毎日見る毎にその振り向いてからの時間が長くなっていきました。
ざんばら髪の長い髪…髪のあいだから見える目…少しずつ彼女の存在が見えていく恐怖に毎晩おびえていました。彼にも相談しましたがバイトで疲れているのと気のし過ぎだと言われました。

そしてついに真正面を見る日が来ました。その顔はなんと彼のお母さんだったのです。

何故彼のお母さんがこのような形で私の夢に出てきたのかはわかりません。ただお母さんが行っていた男を信用しすぎてはだめよという言葉だけが印象的でした。

結局彼も浮気をして別れたからです。今ではお母さんが教えてくれたのかなとも思います。それとも息子を取られるのが嫌だったのか…今となってはわからずじまいです。
1/1
関連タグ: #事故物件#夢#山
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。