奇々怪々 お知らせ

不思議体験

FBSさんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

初めて付き合った遠距離恋愛の彼女
長編 2021/10/16 23:52 1,609view
これはある友人からお酒の席で聞いた昔の怖く悲しい過去話だ。本人の視点で投稿させてもらおうと思う。

21歳の時に初めて彼女が出来た。
彼女も自分自身も当時精神的に病んでいてメンタルサイトの掲示板で知り合い出会った。
住んでいる場所も離れ遠距離恋愛であったが、メールのやり取りをしている間にお互いに会いたい気持ちが強くなり定期的に会うようになり付き合い出した。

彼女は鬱症状がありリストカットという自傷行為が辞められず腕に深い傷が無数にあった。
それでも低い身長と肉付きの良い体で童顔が可愛く好きだった。
お互いが若さゆえに衝動的に付き合い始めたことやインターネットが普及して未知の世界に飛び出すような思いを感じれたからだろう。

付き合い始めはお互いに無職であった。
先に自分が務め出して彼女が喜びながらもすごく寂しそうにしていたのを思い出す。
自分もまともに働き出すのが初めてでありイライラすることが増えた。
そんな中でしばらく経って彼女がメイド喫茶でアルバイトすることが決まった。
もともとアニメが好きなことやコスプレが好きだったこともあって当然なことの様に思えたし同時に思い切った行動に出たなぁと思った。
自分も全く同じように彼女に対して寂しい気持ちを感じると同時にすでにお互いが別々の道を進み始めていたこと自覚した。

彼女が働きだし生き生きしている姿に驚いた。
正直直ぐに辞めると思っていたから。
そんな中、自分の警備の仕事で強姦現場に遭遇してそれを彼女に話した際に理性的に言われた事に対して感情では割り切れず喧嘩になった。
働き出してからぎくしゃくし出していたが本当に泥沼のような状態になった。

結局謝ったり揉めたりを繰り返しお互いが消耗しきって別れることなった。
当時、メンタルサイトで出会ったことや病んでいた事から死ぬとか死にたいとかそういう会話が日常的にあった。
最後も滅茶苦茶で自分ももう疲れて死ぬから元気でねと最後のメッセージを送った時に意外な返答が最後に来て「私ももう疲れたから〇〇ちゃん追いかけて死ぬね…」
それが彼女と別れ最後のやり取りだった・・・

それから十数年の月日が経ち自分は世間に飲み込まれながらもまだ生きていた。
上手くいかない現状に苛立ち何かの打開策を見つけるべく禁欲生活を長いこと送っていた。

そんな生活の中で不意に突然初めて付き合った彼女ことを久し振りに思い出した。
それから数日経ち何かに吸い寄せられるように十数年振りに遠距離恋愛していた彼女の街へふらっと旅がてらに訪れた。

思い出を探りながら変人だと思われないかドギマギしながら結局彼女の家の前まで行ってしまった。
すると偶然に彼女の妹が帰宅して来てお互いに目があった。
もう避けられないと思い会釈したら妹さんも会釈してきた。

思い切って「昔お姉さんと付き合っていた者ですが仕事でこちらの街を訪れることになり懐かしくなって散歩がてら寄り道してしまいました。失礼がないようにすぐこのまま帰省しますので申し訳ありませんでした。」
不審者と思われるかと思いきや妹さんは覚えていますとオープンな対応でちょっとお時間があれば家でお茶していきませんかと誘ってきた。
1/3
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。