奇々怪々 お知らせ
           
  • 10/1 9月度怖い話グランプリを決定し、殿堂入りを追加しました。

心霊

mayaさんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

兄の様子がおかしくなった理由
短編 2021/10/13 18:23 473view
当時、大学生だった弟は寮暮らしをしていた為、実家で暮らしていたのは母、兄、私の3人でした。

ある日、仕事から帰ってきた兄の様子がおかしかったので「どうした?大丈夫?」と聞くと、「大丈夫。仕事で疲れただけ」と。

しかし次の日の朝、顔色が悪いのと寒気がすると言う兄をみた母が心配して病院へ連れて行くことに。

病院から帰ってきた母に兄のことを聞くと「お医者さんも疲れからだと思うので2〜3日安静にしてたら治るのことよ。」それを聞いて私は安心しました。

ところが、その日の夜から兄は発熱しました。
発熱してから2日後、ふらふらの筈の兄からメールが、私に聞きたいことがあると言うので話を聞くことに。「なぁ、昨日の夜なんだけどお前、俺の部屋のドアをノックしたか?」と。
変なこと聞いてくるなと思いつつ「してないけど、なんで?」と聞くと、「実は体調崩した日から夜になるとドアをノックする音と壁を爪でなぞる様な音がするんだ。最初は気のせいだと思ってたんだが。」
私は、笑いながら「そんなの気のせいに決まってるでしょう」と。

しかしその日の夜、いつものように寝ていた私の目の前に一瞬でしたが黒髪で白目の女が私の顔を覗き混んできました。

後日、知り合いの霊媒師に家まできてもらいみてもらったところ兄の部屋に黒髪で白い着物の女がいて霊媒師によると、その女は兄のことを気に入り部屋まで付いてきて気づいて欲しかったのと私のことを兄の彼女だと思っていて嫉妬していたそうです。
幸い、霊媒師のお祓いにより兄も私も何事もなく今日過ごしています。
1/1
関連タグ: #事故物件#心霊#病院
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。