奇々怪々 お知らせ
           
  • 4/1 奇々怪々3月GPを決定し、殿堂入りを追加しました。
  •        
  • 3/1 3月GPより受賞内容が変更になりました。

心霊

彼女の霊感がもたらしたAさんの不思議な体験
中編 2020/12/22 22:23 1,105view
私の知り合いの知り合いである男性(Aさん)が、体験した話です。

Aさんの彼女さんは、小さな頃からかなりの霊感があり、昔からかなりはっきり霊が見えていたそうです。
例えば、家の中で霊がソファに座ってテレビを見ていたり、街中で歩いていたりしていたそうです。
小さいころから霊にいたずらされたりしたことはなかったそうですが、それでも霊が見えてしまうということはあまり人には言わなかったそうです。

前々からAさんはその彼女さんから霊が見えると伝えられていました。
そこで、Aさんが興味本位で「俺と一緒にいるときに今度霊を見つけたら、俺に教えてほしい」と伝えたそうです。

そんなある日、彼女と街を歩いていたら、彼女が突然小声で彼に「対向車線の歩道にいる、黄色いワンピースを着た女性見える?あれ、霊よ。」と伝えたそうです。
Aさんは、反対車線の歩道にいるその女性をまじまじと見ました。彼曰く、その方は「普通の街中にいる女性」だったそうです。
普通の出で立ち、歩き方をしており、彼女に言われなければ目に止めるような女性ではなかったそうです。

Aさんの彼女さんからは「私が見ちゃダメって言うまでは見てていいけど、ダメって言ったらすぐに目をそらしてね。」と伝えられたそうです。
10歩くらい歩いたところで、彼女さんから「もうダメ。見ないで。」と言われましたが、しかし、Aさんにとっては初めてはっきり見る霊です。

そこで、ほんの一瞬、一秒もないくらい見てしまったそうです。

すると突然、対向車線の歩道にいるその霊がいきなり目の前に現れ(Aさん曰く、瞬間移動のような感じだったと)、「どうしてわかったの。」と彼らに話しかけたそうです。
Aさんは柔道をしていたこともあり、身長180センチ、体重95kgととても立派な体格をしていました。が、突然の出来事で体がこわばり、彼女に支えられなければ、立っていられない程足が震えてしまいました。

5秒くらい経った頃でしょうか。
Aさんの彼女が「私がいたからよ。」と話すと、その目の前の霊は「あら、そう。」とだけ言い、彼らが進む方向とは逆方向に歩き始めたそうです。

それからすぐに2,3歩歩いたところで、Aさんの彼女が「後ろ見てごらん。もうあの人いないから。」と言い、Aさんが振り返ると、本当にその女性は消えていたそうです。

それ以来、彼女の

ちなみに。
Aさんの彼女さんは除霊のようなものを行い、今は全く霊は見えないそうです。
1/1
記事編集(作者用) 作者プロフィール
管理人に連絡


コメント(1)
  • 彼女の…?なに…?

    2020/12/22/23:04