奇々怪々 お知らせ
           
  • 10/1 9月度怖い話グランプリを決定し、殿堂入りを追加しました。

不思議体験

タラレバーさんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

チンパンジーの不思議な話
短編 2021/09/17 17:04 291view
これは何十年も前にどこかで読んだか聞いた話です。

戦争中か戦後の動物園で飼育係をしていた方の体験談でした。

とにかくあの頃は物がない、食べるのに事欠いたと言われるのですが、人間が食べるのも不自由な時代の動物園はどうだったでしょう。

動物園で飼育されていたライオンや虎などの猛獣は、餌がないためか逃げ出したら危険だとみなされたかで、殺されたと言われています。

そんな時代、ある動物園には子供のチンパンジーがいたそうです。

アフリカで捕獲され、母親と引き離されて連れてこられたのですが、やっぱり栄養も足りず弱っていて病気になったようです。

しかし病気になっても薬がない、満足な手当てもしてやれないのでした。

飼育係の方もなすすべもなく、チンパンジーはもう最期を迎える状態となりました。

飼育係の方は、せめて最後は一緒にいてやろうとチンパンジーの檻の中に泊まり込んだそうです。

そしてチンパンジーの子供を見守りながら、うとうとしたらしいです。

すると、大きなチンパンジーがあらわれて、チンパンジーの子供を抱いているのが見えたそうです。

大きなチンパンジーは、飼育係の方をにらみつけてすぐにかき消えるように消えたのですが、はっとしてチンパンジーを見ると息を引き取っていたのです。

飼育係の方は、チンパンジーの神様がお迎えに来たか、またはジャングルで子供を奪われた母親が迎えに来たのだろうかと思ったそうです。

どちらにしても、動物も人間と同じように親子の愛を感じてしまう、怖いけれど忘れられないです。
1/1
関連タグ: #子供
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。