奇々怪々 お知らせ
           
  • 9/1 8月度怖い話グランプリを決定し、殿堂入りを追加しました。

不思議体験

ぶるぼんさんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

確かに誰かが帰ってきた
短編 2021/09/14 17:31 209view
私が中学1年生のときの話です。

私の家族は5人家族で、両親と弟2人がいます。

日曜日のある日、私が部活から疲れて帰ってくると、家にはだれもいませんでした。

そんなことはよくあったので、今回もどうせ私以外の4人で買い物にでかけたのだろうと思っていました。

私は部活で疲れていたので、部屋でゲームをしながら、のんびり過ごしていました。

1時間ほど経ったころでしょうか、何人かが話す声が聞こえてきたので、家族が帰ってきたのだと思いました。

しかし、ゲームしている途中で、わざわざ声をかけにいくのもめんどくさかったので、そのままゲームに熱中していました。

そして、玄関のドアが開く音と、家族の話し声が聞こえてきました。

私の部屋は1階にあり、玄関からはドア1枚があるだけなので、音がよく聞こえました。

やがて階段を登っていく音、2階で荷物を置く音が聞こえました。それからも笑い声や何かを話している声が聞こえましたが、とくに気にもせずゲームをしていました。

しばらくして、何も音がしないな、と思った瞬間、ドアが開く音がしました。

私は、全員まだ帰ってきてなかったのかと思い、自分の部屋を出て、声をかけようとしました。

ところが、私は驚きのあまり、声をかけることができませんでした。

なぜなら、私以外の4人が玄関にいたからです。

なんと、4人ともまだ帰ってきておらず、今、4人が帰ってきたというのです。

私が驚いているので、母が「どうしたの?」と聞きましたが、私はこわくて何も言えませんでした。

私が聞いたドアの音や話し声はいったい何だったのだろう。

さっき帰ってきたのは誰だったのだろう。

このことを思い出す度に、不思議に思います。
1/1
関連タグ: #ゲーム#事故物件#声
記事編集(投稿者用) 投稿者プロフィール
管理人に連絡


コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。