奇々怪々 お知らせ

心霊

メイプルさんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

おじさんの声がする海沿いの道
短編 2021/08/16 11:41 261view
学生時代の夏のある日の出来事です。

当時お付き合いしていた彼氏と私、そして友人カップルの4人で遊んでいました。若者特有のノリで、夜に突然「海へ行こう」という話になりました。

深夜に2台の車で、それぞれのカップル同士で目的の海に向かいました。
海沿いを走りもうすぐ目的地に到着する頃、私の彼が突然「おじさんの声がする」と言うのです。私を怖がらせるつもりで脅かしているのだと思い、「やめてよ。これ以上そんな事を言ったら怒るよ」と言うと、彼は不思議そうに「ずっと聞こえるんだよな・・・」とつぶやき、それ以上は何も言いませんでした。

私も恐る恐るバックミラーで後ろ確認しましたが、霊感のない私には何も聞こえず、見えることもなかったのです。

しばらくして海に到着しする頃には、朝日が昇り始めていました。
海辺で皆で楽しくワイワイしているうち、恐怖感も薄れたため友人たちに先ほどの出来事を笑いながら伝えました。

「彼がおじさんの声が聞こえるって脅かしてきた」

すると、彼の友人も「実は、俺も聞こえた。ずっと車で走っているのに、おじさんの声がついてきた」と言うのです。

怖いなと思いつつ、明るくなってから帰宅した私たち。
地元に帰って友人カップルたちと別れると、疲れ切った私たちは家の近所の神社の駐車場で昼寝をしました。

彼と私はぼんやりとした夢心地の中、小さな子供を連れたお母さんが現れ私たちにこう言ったのです。

「ここで寝ちゃダメだよ。おじさんが見てるから」

夢のような感覚で起きた私と彼。

「あれ?夢じゃないよな」と言いながら、周りを見渡しても親子もおじさんの姿もなかったのですが、不思議な感覚が襲ってきてもしかしたら海のおじさんを連れてきたのかもしれないと思い、その場を立ち去ることにしたのです。

特に心霊スポットと言われるような海ではなかったのですが、見えない何かを連れてきてしまうことがあるのかもしれません。
1/1
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。