奇々怪々 お知らせ
           
  • 4/1 奇々怪々3月GPを決定し、殿堂入りを追加しました。
  •        
  • 3/1 3月GPより受賞内容が変更になりました。

不思議体験

Dと言う友達がいる その5.
長編 2021/03/22 03:35 4,938view
私にはDと言う友達がいる。

最後に会ったのは3年前だ。私は彼の半生を知る多分唯一の男だ。
3年前のGW、珍しくDの方から電話をかけてきた。
私はと言えば、妻と子が帰省している都合であちこち遊び歩いていた。
要は暇だった。

「俺の人生を見せておこうと思ってな」
Dは軽い調子でそう言った。
だから車を出してくれと。
今思えば、Dも自分の人生を振り返ってみたかったのだろう。
隠していたわけでは無いが、Dも私も50歳を超えた。
「半生」とは言葉通りの意味だ。
高校の時、偶然同じクラスになり、肝試しに行った。
そこから始まったこの不思議な男の話も今回で終わろうと思う。
長くなるので覚悟して欲しい。

(2回に別けるには中途半端な長さであると言う理由は無しにして)

そう言えば。
このサイトは投稿フォームが非常に簡単なのが美点だが「下書き機能」を実装して欲しい。
毎回、1発勝負で書きこんでいるので時間を取られる。


午前中、今日も暑くなりそうだと感じる午前中。
Dの住む賃貸マンションに車を付けた。
携帯で呼び出そうとする前にDがニコニコしながら階段を降りて来た。古いマンションだとエレベーターが無いんだな。

「じゃ、行こうか」
Dは出発を告げる。
「海賊王に?」
「俺はなるって言えばいいのか?」
軽やかに寒いギャグを飛ばしながら車を走らせる。
「で、どこに行けばいいんだ?」
「○○町って知ってるか?」
「知らん。最寄り駅はどこよ」
「○○駅、私鉄の」
「あぁ。仕事で行ったことあるわ」
「仕事だなんて、お前随分と立派になったな」
「アホ。俺は新卒で就職じゃ」
1/7
記事編集(作者用) 作者プロフィール
管理人に連絡


コメント(8)
  • 終わりかな?

    2021/03/22/23:55
  • 終わりです。
    Dにまつわる話は今後も書いていくと思いますが、Dと言うキャラはどうなるか分かりません。

    特異な男なのでエピソードはいくつかあるのですが。

    2021/03/23/00:03
  • どんどんアップして欲しいです。
    楽しみにしてます。

    2021/03/23/00:14
  • ◯◯でした。 完
    じゃなくて、ここで終わりってのがスッと入ってきて、おもしろい。

    2021/03/23/10:48
  • Dさんのような人の話を、別なところで読んだことがあります。同じ方ですかね?
    若い頃で話が終わっていたように思いますが、50代とのことで少しほっとしました。
    人違いでしたらごめんなさい。
    また続きを楽しみにしています。

    2021/03/25/00:00
  • Dは存命です。
    他の場所で書いた話では無いので人違いかと。

    Dのスピンオフ作品はまだ未定です。
    私が知らないエピソードでもあればいいのですが。

    2021/03/25/00:08
  • まだ生きてらっしゃるようでよかった…
    なんで言えなかった話を聞かせてくれる気になったのでしょうか?

    2021/03/25/17:12
  • そろそろお迎えがきてもおかしくない中年ですから。
    遺品の相続人にされております(笑)

    山子

    2021/04/04/12:23