奇々怪々 お知らせ

ヒトコワ

kwaidanさんによるヒトコワにまつわる怖い話の投稿です

《告発》六本木高級料亭女将のウラの顔
短編 2024/07/07 08:19 1,084view
3

六本木の煌びやかなネオン街、その一角にひっそりと佇む《料亭X》。見た目は風情のある和風の建物で、一見したところただの高級料亭だ。しかし、その内部には驚愕の裏側が隠されているとは、夢にも思わないだろう。

このお店の料理は確かに一級品だ。新鮮な食材をふんだんに使い、繊細な味付けで舌鼓を打たせる。接客も申し分なく、何も知らない観光客やビジネスマンたちは至福のひとときを過ごしていることだろう。

しかし、真の顔を知る者にとって、この料亭は美食の殿堂ではなく、陰謀の舞台なのだ。先日、ある女性がこの店を訪れ、泣きながら帰ってきた。「ボッたくられた!」と涙ながらに訴える彼女の話は、なんとも巧妙な手口だった。

《料亭X》のママは、表向きは優雅で物腰の柔らかい女性。しかし、その裏では、ヤミ金まがいの高利貸しを営んでいるのだ。彼女は資金繰りに困った人々を巧みに誘い込み、あり得ない条件で金を貸す。しかし、それはあくまで罠だ。

女性は、友人に誘われてこの料亭を訪れた。ママの甘い言葉に誘われ、希望を持って足を運んだ。しかし、席に着くなり状況は一変した。高級ワインや料理が次々と注文され、まるで接待を受けているかのように錯覚した。しかし、肝心の融資話は「お金は出せない」と一言で終わり、その上、15万円もの請求が突きつけられた。

同席していたリサイクルショップの女性がさらに事態を悪化させた。女性はクレジットカードのショッピング枠を現金化するつもりでカードを持参していたが、その場の雰囲気に圧倒され、結局10万円分をカードで支払わされた。現金化の話は曖昧なまま終わった。

弱者を食い物にするこの手口は許されるものではない。料理の美味しさなど、もはや何の慰めにもならない。これは人間として最低の行為であり、絶対に見過ごしてはならないものだ。

六本木の夜は、煌びやかさの裏に深い闇を抱えているのだろう。その闇に引き込まれた者は、容易には抜け出せない。この料亭の美食の背後には、人の弱さにつけ込む冷酷な現実が潜んでいる。そして、その現実に触れた者は、二度と元の自分には戻れないのだ。

1/1
コメント(3)
  • 幽霊よりよっぽど人の方が怖いですね。

    2024/07/07/12:36
  • 実話っぽい

    2024/07/08/10:05
  • 氷山の一角に過ぎないでしょうね。

    2024/07/13/10:20

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。