奇々怪々 お知らせ
           
  • 10/1 9月度怖い話グランプリを決定し、殿堂入りを追加しました。

不思議体験

やうくいさんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

殺生
短編 2021/03/11 19:23 1,635view
私の会社には、命を絶対に粗末にしたくないらしく、虫が死ぬ度に騒ぐ同僚がいました。
床で蜘蛛が潰れていただの、窓のサッシで蛾が死んでいただの、朝礼で発表するような具合でしたので、上司もかなり困っていたようです。
2,3ヶ月前までは全くそんな事は言っておらず、ごく普通の人だったため
何かやばい宗教にでも入ったんじゃないかと、社内では噂になっていました。

職場でゴキブリが出た時には真っ先に駆け寄り、素手でつまんで外に逃して周りをドン引きさせたり、私がハエを殺虫剤で仕留めた時には顔を真っ赤にして怒鳴りつけてきました。「地獄に落ちたいのか!?」などと罵倒されましたが、こうなる前は普通に話していたのに、どうしてしまったのだろうと、私としては怒りよりも疑問ばかりが浮かんでいました。

ある日、その同僚が連絡もなく出社せず、何度連絡しても応答が無かったため、上司と私で家まで様子を見に行く事になりました。
車内では急におかしくなった同僚の話をしましたが、上司は同僚が精神病だと思っているようで、今日こそは精神病院に連れて行ってやるのだと意気込んでいました。

家に着くと、早速おかしなものが見えました。夏とはいえ、玄関の扉が全開にされており、アリがあちこちを這い回っています。
一応インターホンを鳴らしてみましたがなんの反応もなく、最初に上司が部屋へ乗り込んで行きました。
すぐに中で上司の悲鳴が聞こえたため私も後に続くと、部屋の真ん中で同僚が倒れていました。急いで救急車を呼んだ私ですが、あまりに異常な部屋を見て気分が悪くなり、外に出る事にしました。
どろどろの机の上には大量のゼリーが積み上げられ、壁や床ではびっしりと蟻やゴキブリが這いまわっていたのです。
不思議な事に同僚の体には一切虫が寄っていないのも印象的でした。
同僚は病院へ運ばれ、心筋梗塞で亡くなった事が分かりました。

結局、同僚の奇行の原因は分かりませんでしたが、怒鳴られた時のあの一言
「地獄に落ちたいのか!?」
がずっと頭から離れません。
もしかすると同僚は死が近い事を悟り、地獄に行くのが嫌で殺生をしないようにしていたのではないでしょうか。
あんなにも頑張ったんですから、願いが叶っていることを祈ります。
1/1
コメント(1)
  • 部屋の描写がすごくショッキングでいいですね。同僚の方の心境を考えるとゾッとしました。

    2021/03/13/23:19

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。