奇々怪々 お知らせ
           
  • 4/1 奇々怪々3月GPを決定し、殿堂入りを追加しました。
  •        
  • 3/1 3月GPより受賞内容が変更になりました。

心霊

足踏み
長編 2021/03/04 19:34 4,480view
もう20年以上前の話になります。

当時、俺は二十歳そこそこで建築関係の仕事を

してました。(今もしてますが)

そんな中、親方のY氏が

「〇〇!明後日から出張いってこーい!」

てな感じで急遽出張が決まりました。

出張と言っても3、4日程のもんで行き先はO県

のT市の片田舎でした。

今でこそ出張と言えばビジネスホテルや一か月

以上かかる出張ならレオパなどが当たり前です

が当時は現地で飯付き旅館などを探して泊まる

のが時流でした。

そして出発当日、地元から3時間程でT市の現場

に到着。

下見と簡単な作業を済ませ午後から宿探しです。

現代なら携帯のネットやらで探せば早いんでし

ょうが当時はそんなものありません。

(ガラケーよりもっと古い携帯使ってました)

とりあえず駅近辺に行けばなんぞあるかなって

事で車を走らせました。

そして駅のロータリー的な所に到着。

ハザード点けて車を降りてみる。

目の前には小さな駅があり振り返れば何処にで

もあるようなさびれた商店街。

俺「やっべーな。こんな所に飯付き旅館あんの

かな?」

明日には同僚2人も合流してくる予定だったし時

刻も17時をまわり辺りは薄暗くなってきた。

何とか旅館を探さなければならない。

考えても仕方ないのでとりあえず商店街を歩い
1/8
記事編集(作者用) 作者プロフィール
管理人に連絡


コメント(0)