奇々怪々 お知らせ

心霊

ねこじろうさんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

おむかえ
長編 2023/01/22 16:59 1,171view
ザーーーーーーーーーーー

教室に響き渡るラジオの砂嵐音のような単調な雨音が、教壇に立つ教師の声を聞こえづらくしていた。

西野はふと、隣の机に視線を移す。

そこはかつてトオルくんが座っていた窓際の机。

でも今は誰も座っていない。

親の転勤で5月の連休中に、東京からこの地方都市に引っ越した西野は、地元市立小学校の6年1組に編入することになった。

トオルくんとは、たまたま席が隣同士になり友達になった。

色白でちっちゃな大人しい子。

家には行ったことはなかったが同じ方角で、たまに一緒に下校していた。

西野はふと、誰もいない机の向こう側に視線を移した。

薄暗いモノクロームな空間の中を銀色の滴がひたすら降り続いている。

そうだ、あの日もこんな天気だったんだ。

朝からひどい雨だった。

そう、梅雨入りしてから、ちょうど3日くらいが経っていた、、、
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

放課後、西野が下駄箱の前で上靴を履き替えようとしていると、先に履き終えたトオルくんが「あ!来た」と、入口ガラス扉の前辺りを嬉しそうに見る。

降りしきる雨の中、

白いワンピースの女性が小豆色の傘をさして立っている。

トオルくんは女性に向かって笑顔で手を振ると、「じゃあね」と言って勢いよく走って行った。

その翌日もやはり雨だった。

この日の放課後も、トオルくんは学校入口のガラス扉の前に立って外を見ている。

西野が帰ろうとガラス扉を開く時、「まだ帰らないの?」と聞くと、

「もうそろそろ、母さん来ると思うんだけど」

と笑顔で言ったが、その目はどこか不安げだ。

もうしばらくすると生徒指導の先生が校内を見回りだし、居残りしている生徒は注意されるはずだ。

「ねえ、一緒に帰ろうよ。多分、途中でお母さんにも会うと思うよ」と言って西野はまたトオルくんの横顔を見るが、「でも、、、」と相変わらず未練深げに外を見ている。

すると突然「あ!来た!」と言ってパッとその顔が明るくなった。

入口前のエントランスに、昨日と同じ女性が小豆色の傘をさして立っている。

トオルくんは「じゃあね」と一言言うともどかしげにガラス扉を開き、どしゃ降りの中飛び出していった。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1/4
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。