奇々怪々 お知らせ
           
  • 10/1 9月度怖い話グランプリを決定し、殿堂入りを追加しました。

妖怪・言い伝え

イエティさんによる妖怪・言い伝えにまつわる怖い話の投稿です

鬼の棲む滝 part2
短編 2021/02/25 16:50 9,389view
鬼の棲む滝、の続編になります。

書くつもりはありませんでしたが、入院中で暇なので過去にあった話を書きたいと思います。


2018年11月、鬼の棲む滝から無事帰還した俺は、Sとの再会や再就職活動に追われていた。

鬼のご加護か?わからないけど、条件のいい企業に合格し、彼女もできた。


2019年8月、再就職先はお盆休みが2週間と長く、地元に帰省した。
地元の友達と遊んだり、実家の犬とまったりしてのんびり過ごしていた。

鬼に軟禁されたのもこの時期だな、と。
ふと最近ことがうまく運ぶのは鬼のおかげかもしれないな、と供え物を持っていくことにした。

女の人間を持っていけるわけがないので、
スーパーで買った牛肉と実家で採れた野菜類を持って滝に向かった。

後から気づいたんだけど、滝の傍には林道が通っていて、
車ですぐ近くまで行くことができた。

また失踪しようもんなら大変だし、滝まではいかずに河原に食材を置いてきた。
案の定、またひどい耳鳴りが鳴った。

滝の傍で手を合わせると、中から鬼の声がした。
しゃがれた声で、相変わらず聞き取りにくいにも程があったが…

鬼「それ食っていいのか?」

俺「どうぞ、大したものじゃないですが、無事帰して頂いたお礼です。」

鬼「あんときの坊やか。葉っぱは好かん。肉だけ置いてけ」

俺「じゃあ肉だけ置いて帰りますから、どうぞ召し上がってください。」

鬼「次は女が良い。ほら、寄り合わせてやった女がいたろ。
  黒い髪の女だ」

そこで初めて鬼の目的に気付いた。
俺の運気を高めるとかそんなんじゃなく、自分の食糧調達の為だったようだ。

俺「いや、あの子は俺の大事な人です。
  すみませんが、牛の肉で勘弁してください。」

鬼「・・・・・・・・そうか」

俺「じゃあ、失礼します」
1/2
記事編集(投稿者用) 投稿者プロフィール
管理人に連絡


コメント(4)
  • 気になるから続きはよ

    2021/02/25/17:16
  • 怖いというよりは不思議な話だね
    面白い

    2021/02/25/17:59
  • 早く次が読みたいです

    2021/02/25/18:30
  • いいぞいいぞ!

    2021/03/25/00:57

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。