奇々怪々 お知らせ
           
  • 4/1 奇々怪々3月GPを決定し、殿堂入りを追加しました。
  •        
  • 3/1 3月GPより受賞内容が変更になりました。

不思議体験

宮城県の漁港
短編 2021/02/25 09:11 2,114view
東日本大震災で被災した、宮城県のある漁港の話です。
嘘偽りないノンフィクションであること、
この漁港は今現在も存在していることを先に言っておきます。

震災から7年ほど経ったある夏のこと。

私は震災前から釣り好きで、その町の漁港は全て制覇しているぐらいで、
震災でダメージを受けた姿を見てかなり心が痛んだ記憶があります。

5年ほどでほぼ全ての漁港が復興し、また釣りに再燃していた、そんな時期です。


市街地から山に入り1時間ほどでその漁港に到着しました。
時刻は23時くらいで、友人と2人で来ておりました。

その漁港では復興後、初となる釣りだったため、
地形の変化や漁港そのものが形が変わっていたりで、
最初はどこで竿を出すか、どこが釣れそうか探索しようということに。

その漁港は、下図のような形をしています。
山側の道路から降りてきて、線の部分は漁港になります。

堤防が4本の線に分かれていますが、
山側の堤防をそのまま”山側の堤防”とします。
山側の堤防と平行に並ぶ堤防を”海側の堤防”とします。
その二つを垂直に結ぶ堤防は船が多いので”停泊エリア”とします。
島から出た小さな堤防は”島の堤防”とします。





━━━
┃ 海  海  海
┃ 
┃ 海  海  海
┃ ┃
━━━島 海  海
↓↓↓↓↓
  海
1/3
記事編集(作者用) 作者プロフィール
管理人に連絡


コメント(0)