奇々怪々 お知らせ
           
  • 3/1 奇々怪々2月GPを決定し、殿堂入りを追加しました。
  •        
  • 3/1 3月GPより受賞内容が変更になりました。

心霊

アパートに住み憑く女の霊
短編 2021/02/23 12:09 433view
これは私が今年になって体験した不思議な出来事です。
渋谷区内のホテル街を抜けた踏切の脇にMという居酒屋がひっそりと営業しております。
建物は昭和の雰囲気を残しているというか、築40年は優に過ぎているだあろう古びたアパートの地下で営業をしていいるのです。

この居酒屋は踏切の手前にある駅から看板を目視することができる距離にあります。
私は仕事で取引先へ訪問する際にこの駅を利用するのですが、その日に限っていつも利用しない踏切のある反対の出口から出てみたくなったのです。

顧客の指定時間よりも早く駅についたことから、あたりを見回して居酒屋Mに目が止まりました。
「ああいう年期の入った渋い居酒屋がいいんだよな」と思い踏切を渡ろうとしたあたりから身体に異変を感じました。
私は霊感が強く、突然頭の左半分の頭皮が痙攣し頭痛に襲われました。
「あぁ…これは何かあるな。」と思い、踏切を渡らず居酒屋Mに背を向けて駅へ引き返しました。

「別に居酒屋Mの目の前まで行かずとも、携帯端末から口コミアプリで見ればいいか。」と思いました。
そして某有名口コミサイトから居酒屋Mの情報を閲覧しました。
口コミは料理や大将に関する好感の持てる内容でした。
食事の写真もとてもおいしそうです。

画面を指でスライドさせ、ある写真のところでまた頭痛が起こり指を止めました。
写真は店舗の外観を撮ったものですが、その一枚だけ夜ではなく昼に撮影したものです。
その時「映っているな」とすぐに思いました。
おそらく霊感のない人には見えるか、気が付くかわからない場所に、女性の顔がはっきりとこちらを悲しそうに見ているのです。
何かを訴えているような顔です。
思わず、携帯を閉じてしまった程とても恐怖を感じる写真でした。

その後、口コミサイトに昔そのアパートで女性の遺体が遺棄される未解決の殺人事件が起きた現場であることが書き込まれていました。
そしてその事件は、当時世間から高い注目を浴びていたことが分かりました。
殺された被害者女性の顔をみて唖然としました。
口コミサイトの投稿写真に写っていた女性の顔を同一人物と確信できるくらい似ていたのです。
私は暫く体調が優れず、都内のお寺にお祓いに行き今日に至ります。
心霊スポットや夜の神社には好んで行くことは絶対しませんが、日常にも恐怖体験をしています事があることに気が付き、用心するようにしています。
1/1
記事編集(作者用) 作者プロフィール
管理人に連絡


コメント(2)
  • 東電OLの事件のアパートですかね
    霊能者の方がとても強い霊がいるとおっしゃっていました

    2021/02/23/15:27
  • いつか解決するといいな🙏

    2021/02/23/20:08