奇々怪々 お知らせ

ヒトコワ

朝のお供さんによるヒトコワにまつわる怖い話の投稿です

横で寝ている人
長編 2022/09/22 23:53 730view
新型コロナウイルスが流行り始めた年、私の家族(大人2名子供2名)、祖父祖母、兄の家族(大人2名子供2名)で、県内の民宿にて、家族の思い出を作ろうと宿泊した時の話です。

こんな大家族ではじめての旅行が、こんなことになるだなんて誰1人として思いもしませんでした、、、、(−_−;)

夕方ごろに民宿へ到着し、そのままお風呂に入り、夜は1つの部屋に全員で集まり、にぎやかに夕食をとりました。

久しぶりの旅行だったため、家族全員ですごく楽しい時間を過ごしました。

私には4歳になる娘と0歳の息子がおります。

兄夫婦には小学生の子供が2人いて、子供たち同士すごく仲も良く、3部屋別々に和室部屋をとっていたのですが、夜になると祖父祖母(私の親)の部屋で、兄夫婦の子供2人と私の娘が一緒に寝たいと言うこともあり、夜は兄夫婦[301号室]、私と夫+0歳の息子[302号室]、祖父祖母+小学生2人+娘[303号室]の部屋割りで寝ることになりました。

祖母はもしかすると夜に寂しくなって親の部屋に帰りたくなるかもしれないから、絶対に鍵はかけないで開けたままにしておいてね!

と言われたので、私は鍵をかけずそのまま寝ました。

子供たちは、すごく賑やかで、横の部屋からも楽しそうな声が夜遅くまで聞こえてきました。

しかし祖父祖母の部屋には元々夫婦2人で寝る予定だったので、布団が2つしか置いていなくて、急遽兄夫婦の部屋から布団を2つ持ってきて合計4つの布団をひいて5人で寝ていました。

しかし祖母は、子供たちの寝相も悪く端の方で寝なければならず、疲れも溜まっていたためフロントにもう一つ布団を借りれないか考えていたそうです。(この時点で夜10時)

しかし我慢をして、寝ていたところ夜中3時に小学生のうち1人がトイレに行きたいと言い出し、共同トイレだったこともあり、部屋から廊下へ出ようとしていたときに、あることに気が付きました。部屋には最初スリッパが2つあったはずなのが1つなくなっていたのです。

あんまり深く考えずに、その時はそのままトイレに付き添いに行き、また部屋に戻ってきました。

しかし祖母はその際に、せっかく宿泊料金を払っているのだから、人数分の布団があってもいいはずと思い、隣の私夫婦の部屋に布団が1つ余っているので取りに行こうと思い立ちました。

部屋の鍵も空いていたので、そおーっと部屋に入り布団を取りに行こうと部屋に入ると、私の旦那、私、0歳息子の順番に寝ていると思った矢先、

私の旦那と私の間にもう1人知らない人が寝ていたことに気が付きました。

私の母は、訳がわからず寝ている私を静かに起し、私に問いかけました。

祖母「あんたの横で寝ている人誰?」

私 「はぁ?」

意味がわからず横向きに寝ていた私の反対側の方向を見てみると布団を頭からかぶり寝ている知らない人がいました。

ゾッとしました。

私は思わずいろいろな事が頭をよぎりました。

・女?男?どっち?

・もし男だった場合、起こしていきなり殴られたらどうしよう。

・もしかしたら凶器を隠しているかも

と一瞬で恐怖になり、その知らない人の足元を見て確認しましたが、男女どちらかが全くわからす、とにかくその人を起こさずに、この部屋から出なければと思い、旦那と息子を静かに起こし部屋から出ました。

私はすぐにフロントに行きました。

しかし夜中3時半ごろだったため、フロントは閉まっており、受付の人がいなかったため、受付につながる電話機を探しました。

フロントには電話機はなく、いろいろ走りまわり、大浴場なら電話機はあるはずと思い、大浴場に向かいました。

するとそこには電話機があり緊急連絡先に、電話をかけました。
1/2
コメント(1)
  • 怖すぎ!

    2022/09/23/15:21

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。