奇々怪々 お知らせ

不思議体験

あかりさんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

押入れが見せる悪夢
短編 2022/09/24 07:27 179view
私が小学校低学年くらいの時に家族と住んでいた団地での不思議な話です。

当時住んでいた団地寝室には押入れがありました。押入れの中には布団が入っていて、私は昼間にその中で遊んでいることもありました。しかし、夜になるとその押入れが妙に怖いと感じるのです。昼間は怖さも感じず押入れの中に入り真っ暗な状態で布団の上をごろごろしているのに、夜になると怖さを感じるばかりであまり近づきたくありませんでした。

寝る時は、父、母、私の順で川の字で寝ていました。寝ている私の横には押入れがあり、何度か寝る位置を変えてほしいと親に頼みましたが聞き入れてくれませんでした。寝る時は押入れに背を向けて、母にぴったりと近づいて寝ていました。

ある日、昼間は平気なのになんで夜は怖くなるのか不思議になり、怖さを克服するためにも押入れの方を向いて寝ることにしました。そして朝起きた時、私は泣いていました。とても怖い夢を見たのです。悪魔や二足歩行をする獣が人間を拷問している夢でした。現実味のない夢でしたが、幼い私にはとても恐ろしい夢でした。押入れの方を向いて寝ると悪夢を見る。私はそう思い、絶対に押入れに背を向けて寝ようと決めました。

それからしばらく経ったある日、また悪夢を見ました。夢の中で私はこれが夢だとわかっていました。体が動かず声も出ず、誰にも気づかれず。まるで私が存在していないようでした。指一つ動かすこともできずに息苦しくなってきた時、目が覚めました。押入れには背を向けて寝たはずなのに!と思っていましたが、目が覚めて視界に映ったのは押入れでした。たぶん寝返りをうった時にそのまま押入れの方を向いて寝ていたのでしょう。この後も、悪夢や嫌な夢を見た時は目が覚めると視界に入るのは押入れでした。

なぜ夜だけ怖くなったのか、押入れの方を向いて寝ると悪夢を見たのか今でもわかりません。
1/1
コメント(1)
  • そう言えば幼稚園の頃似たような絵本を読み聞かせことがありました。タイトルは忘れてしまいましたが。

    2022/09/24/22:56

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。