奇々怪々 お知らせ

意味怖(意味がわかると怖い話)

件の首さんによる意味怖(意味がわかると怖い話)にまつわる怖い話の投稿です

合わせ鏡の悪魔
短編 2022/09/22 21:39 502view
 オカルトマニアの友人Kから教わったのが、丑三つ時に合わせ鏡をすると、中に1人、悪魔が紛れ混んでいる、という儀式だった。

 スマホのアラームが小さく2つ鳴って止まる。
 午前2時、いわゆる丑三つ時の合図だ。
 ぼんやりしていた私は鏡を見る。
 全身の映るよく磨かれた2枚の鏡。身長ほどの高さはないが、椅子に座れば全身が入る。
 悪魔は基本、右から数えて素数番目に忍び込む。2番目以外は全て奇数なので、右側を主に探す事になる。
 2番目にはいない、右側の奥の奥の奥の……私の姿が続く中に、1枚だけ、動きが遅れるものがあった。
 まず正体を見破る事。
「あなた、悪魔ですね」
 瞬間、私の姿の擬態が歪み始める。
 これだけで、半分を縛る事が出来る。
「魂を対価に交渉をしましょう」
 ここで、悪魔の名前を要求する。
 半分縛られた悪魔は、これを断れず、名前まで縛られれば悪魔は完全に私の支配下、使い魔になる。そうなれば、魂の契約はチャラだ。
 悪魔は耳をこちらに向け、何か言っているが、小声でほとんど聞こえない。
「聞こえる!?」
 ぐぅっと近付いてみる。
 と。
 悪魔がふっと消えた。
 他の鏡に移った?
 そう思って何となく振り返った時。
 左側、2枚目の鏡に等身大の悪魔がいた。
 押された感触と共に、身を乗り出していた私はバランスを崩し、鏡の中に転がり落ちる。
「ああ、長かった」
 悪魔の声がはっきりと聞こえる。
 やられた小声は作戦だった!
「悪いわね、あなた。次を見つけてね」
 こちらの鏡を叩くが、びくともしない。
「それとあなた、私を悪魔と言ったけど、それは勘違いよ」
 こちらの鏡には何も映らなくなった。
 多分、合わせ鏡をずらしたのだ。
 悪魔ではない?
 暗闇の中で、Kの顔が浮かぶ。
1/2
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。