奇々怪々 お知らせ

不思議体験

朝鶴さんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

父の時計
短編 2022/08/05 11:42 272view
ああ、俺だけど。突然、僕の携帯にそう言って電話をかけてきた父。その電話口の声に、僕は本当にびっくりした。とにかく、元気だ。

父はもう長い事、老人ホームに入所していて、最近ではすっかり老衰しきっていた。

僕がたまに会いに行っても(その頃はまだコロナ前)、寝ているか、起きてはいてもほとんど意識がハッキリとしない状態。

それが突然、電話をして来て、僕に元気な声を聞かせた。あのな、俺の時計な、止まりそうなんでオーバーホール、しといてくれないか?父が僕にそう言った。

その父の時計とはロレックスの事で、父の大のお気に入り。お風呂に入る時以外は、肌身離さず着けていた物だった。

父のその言葉に、何を突然・・・と思ったけれど、僕は素直に「ああ、いいよ」とだけ答えて電話を切った。

それからすぐに実家の母の携帯に電話をかけた。父から頼まれたロレックスのオーバーホールの事を伝えようと思った。

ああ、ちょうど良かった・・・。電話が繋がるなり、母が開口一番、そう言った。

あのね、お父さんね。今、息を引き取ったから。母のその言葉に僕は言葉を失った。それからすぐに僕は父が待つ、老人ホームに車を飛ばした。

すると父はベッドの上に横たわっていたんだが、その表情はすごく穏やかなものだった。

そして父の左手にはロレックスの腕時計が着いていた。

僕が見ると、ロレックスの時計の針は止まっていて、後から知ったのだけれど、その時刻はまさに父が亡くなった時を指していた。
1/1
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。