奇々怪々 お知らせ
           
  • 4/1 奇々怪々3月GPを決定し、殿堂入りを追加しました。
  •        
  • 3/1 3月GPより受賞内容が変更になりました。

妖怪・言い伝え

木霊
短編 2021/02/11 18:53 857view
体験者 坂田 フミ子 (仮名)

北海道 某所

坂田さんの趣味はバードウォッチングだ。毎週末天気がいい日は必ず山へ繰り出す。80過ぎとは思えない元気なおばあちゃんである。
そんな坂田さんはある日森の中で不思議なものを見た。

「杉林の中にね、ぽっかり木が生えない広場があるの。そこに腰掛けに丁度いい切り株があって、ちょっと休憩してたのよ」

その時坂田さんはポケットから「バードコール」を取り出した。
バードコールというのは、形は様々あるが木製の胴体に金属のボルトが刺さっている、ボルトを回すと金属が擦れ、鳥の鳴き声のような音がする。
バードウォッチャーはこれを使い、鳥達との距離を縮めたり、会話を楽しむらしい。

『キュイ キュイ キュイ』

何とも可愛らしい音が響く。

「そうしてたらね、来たの」

木々の間からゴルフボール大の玉がぷかぷかと寄ってくる。1つ2つとどんどん増える。最終的に10匹ほどになっていた。

「近くで見るとね、ふわふわの綿毛が生えたまん丸い体をしてた。トンボみたいな透明の羽をパタパタさせて飛んでるの」

鳥でも虫でも無いのは明らかだった。坂田さんが唖然としていると、彼等は再び、森の中に帰って行った。

「すごく可愛らしいの。別の日に同じ場所で試したけど、もう出てきてくれない」


「今度見つけたら捕まえようかしらね!」

坂田さんは今日も山へ繰り出す。
1/1
記事編集(作者用) 作者プロフィール
管理人に連絡


コメント(3)
  • ケセランパセランじゃね?

    2021/02/11/19:34
  • なんかスニッチ想像した

    2021/02/18/22:36
  • かわいいお婆ちゃんじゃないと呼べないとか

    2021/02/20/16:51