奇々怪々 お知らせ
           
  • 7/1 6月度怖い話グランプリを決定し、殿堂入りを追加しました。
  • 6/9 短時間での連続した投稿を制限しました

不思議体験

HODさんによる不思議体験にまつわる怖い話の投稿です

連絡網でつながったのは…
短編 2022/06/23 19:49 604view
私が小学生の頃、肝試しやこっくりさんが流行っていました。

放課後、教室でこっくりさんをしては、適当な質問をして盛り上がっていたのです。

その日もいつものメンバーでこっくりさんをしましたが、普段はおそらくメンバーの誰かが動かしていたのでしょうが、

その日は全く動きませんでした。

それで、今日は来ないね、帰ろうか、という話になりました。

家に帰り、夕飯を待っている間、テレビで野球をみていました。

その当時はまだ日本でプレーしていたイチロー選手が毎日安打を放ち、記録的な年でした。

その日も安打を打つのかどうか、そればかりが実況でも話題となっていました。

ネクストバッターボックスにイチローがはいり、いよいよ、というところで電話がなりました。

私のクラスの連絡網でした。

当時は黒電話で、次の人に電話をかけようと、ダイヤルを回すと、コール音の前に、ぷつっと音が途切れ、突然、

あー、とりあえずイチローの次の打席が終わったらそっち行くわ

と低くて野太いおじさんの声がしました。

うわぁ!

と叫び受話器を置きました。

次のクラスメイトにかけたはすが、突然知らない人にかかり、

しかも、こちらへ来る、と言われたのです。

慌てて、クラスメイトにもう一度電話をすると、

え、さっきかけてきたの?何回ももしもしって言ったのに、

うわぁ、だけ叫んで切れたからイタズラ電話かと思っちゃったよ、と言います。

友だちは誰からかかってきたのかもわからず、変なイタズラと思ったようでした。

やはり、私はクラスメイトにかけていたのです。

ところが、話してきたのは知らないおじさん。

イチローのことも合致します。

訳が分からず、友だちに連絡網のことと、今起きたことを話すと、友だちが、

あっ!こっくりさんじゃない?これから来るってこと?!

と気づき、パニックになりながら自分の考えを言ってきました。

私もそこで、ハッと気付きました。

そういえば、今日は教室で動かなかった、そのときに、今日は来ないね、と私が言ってしまったことを。

鳥肌と同時に恐怖で私は泣き出してしまい、驚いた両親が
1/2
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。