奇々怪々 お知らせ
           
  • 7/1 6月度怖い話グランプリを決定し、殿堂入りを追加しました。
  • 6/9 短時間での連続した投稿を制限しました

ヒトコワ

峰さんによるヒトコワにまつわる怖い話の投稿です

夫に対する妄想の成れの果て
短編 2022/06/04 12:41 2,200view
友人のKさんから聞いた話だ。

その頃Kさんは、念願のマイホームが完成したばかりだった。
夫と息子の3人暮らし。5歳になる息子はやんちゃだが可愛い盛りで、夫の事業は好調。側からみると、絵に描いたような幸せな家庭だった。

しかし、実はKさんには悩みがあった。
どうやら夫が、隠れて浮気をしているらしいのだ。
相手は夫が経営している会社の事務員。
Kさんも顔を見たことはあったが、若くて可愛いいかにもなタイプだった。

最初は「きっと気の迷いだ、すぐに自分に戻ってくるに違いない」と夫を信じ、見て見ぬふりをしようと努めたKさんだったが、半年経っても、夫の浮気は一向に止む気配はない。
夫に直接問いただしたかったが、夫は今で言うモラハラ気質で、Kさんは日頃から夫の顔色を伺うことが多く、強く出ることができなかった。

しかも、Kさんは長らく専業主婦を続けており、万が一離婚ということになったら経済的に困窮することは明白だった。
息子のことや、今後の生活を考えて身動きが取れなくなってしまったKさんは、誰にも悩みを打ち明けられないまま、次第に気を病むようになっていった。

そして、Kさんはやがて、ドロドロとした恨みつらみを、暗い妄想の中で発散するようになった。
毎日夫と顔を合わせるたびに、頭の中で、夫を惨殺するのだ。
頭から硫酸をぶっかけてドロドロにしたり。
包丁で腹を滅多刺しにしたり。
後ろから思いっきり首を絞めたり。

現実には文句一つ言えない夫に、表面上はニコニコと会話しながら、想像できる限りのさまざまな方法で殺す妄想を続けた。
たかが妄想で……と思われるかもしれないが、意外とKさんは、こんな方法でも妙にスッキリしたのだと言う。

異変が起きたのは、それからしばらくしてからだった。
5歳の息子が、急におねしょをするようになったのだ。
さらに日中もグズグズと泣くことが増えた。

Kさんは、夫の浮気や、母親のメンタルが不安定になっていたことが、子どもに悪影響を及ぼしたのだと考え、慌ててしまった。
子供というのは、大人の事情も敏感に察するものだからだ。

その日も、家族3人で夕飯を食べている最中に、息子が突然泣き始めてしまった。
机に突っ伏してギャン泣きする子どもに、Kさんはオロオロと声をかける。
「よしよし、どうしたの。大丈夫?なにがあったの?」
すると、息子がパッと顔を上げて、涙でいっぱいの瞳をKさんに向けて言った。

「ママ、パパのこと殺さないで。包丁でザクザクしないで。パパ死んじゃうよ。怖いよ」

Kさんは心臓が止まりそうになったという。
それは、その夕飯の席で、まさにKさんが耽っていた夫を殺す妄想そのものだったからだ。
1/2
コメント(2)
  • こわ

    2022/06/10/12:21
  • テレパシーだね。

    2022/06/13/06:15

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。