奇々怪々 お知らせ

ヒトコワ

あかりさんによるヒトコワにまつわる怖い話の投稿です

いなかの郁奈ちゃん
短編 2022/05/15 16:08 503view
私、実家と言いますか生まれが秋田でして。
そのとき体験した話です。


私は年2回、盆と大晦日に必ず秋田の大ばあちゃん(と言われる家系の中でも1番年長の1番偉いお婆ちゃん)の家に帰るんですが。
なにしろ本当に田舎の中の田舎みたいな地域で。大ばあちゃんの家の周りは家が無く裏は山があって、隣の家まで車で15分かかったり、近所のスーパーまでは大きい川渡って行かなければならなかったり、家より明らかに田んぼが多かったり。

そんな感じだから、親戚以外の子供(特に同年代)が全く居ませんでした。

しかし2、3年ほど前、同年代の女の子の友達ができました。
郁奈(かな)ちゃんという名前で、黒髪を顎より若干下で切り揃えた垂れ目の可愛い子です。
私にとって同年代の女の子なんて本当に貴重な存在で、すぐ仲良くなりました。
その場のノリ?も合うし、私が大好きな漫画を知っていたりして本当に一緒に居て楽しい子です。

でも私は里帰りしているだけであり、お別れをしなければいけません。
なので郁奈ちゃんの電話番号を教えてもらい、家に着いたら私から郁奈ちゃんに電話するね。またあそぼうね。と言って別れました。

今住んでいる家に着いて、しばらくした後郁奈ちゃんから電話がきました。

「着いた?そっち着いた?また遊べるのあかりちゃんがこっち来てからだからなあ…待ってるからね!あ、そういえば遊んだとき貸してくれたヘアピン持ってたまんまだったから来た時あげるね!次会うときは◯◯の〇〇で待ち合わせしよ〜、学校頑張ってね!また電話する!」

と言った内容の話をして電話を切りました。
でも少し不思議なことがあって、



私、電話番号教えてないのになんで郁奈ちゃんから電話かけられたのかな、と。



私に教えてくれた郁奈ちゃんの電話番号は、もう使えないものでした。
待ち合わせしようと言っていた住所は、山の中の廃工場でした。

私はまだ郁奈ちゃんにヘアピンをかえしてもらっていません。
1/1
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。