奇々怪々 お知らせ

心霊

LOGさんによる心霊にまつわる怖い話の投稿です

心霊スポット:奥多摩湖のダムでの体験
長編 2022/05/13 11:45 719view
今から5年前の7月の話です。

自宅は東京の多摩地域(国分寺)にあり休日は子供と狭山湖や多摩湖まで自転車で遊びに行くことが良く有ります。

多摩湖自転車道が有り、小平から狭山湖、西武園、多摩湖まで車が通らない歩行者と自転車の専用道路が有り、安心してサイクリングすることが出来ます。

午前中に家を出発してお昼ごろ多摩湖に着いて、お弁当を食べて夕方の3時頃戻ってくる子供でも安全にサイクリング出来るコースです。

東京から一番近いプチ田舎と言われている地域で、農家も多く子供を育てるには良い場所ですが、この先の奥多摩湖方面には心霊スポットが多く、怖いもの見たさで訪れる方も多くいます。

但し、この地域に昔から住んでいる農家方や地主さんは奥多摩湖の心霊スポットには行ってはいけない、行くと祟りが有ると言われているので、地元に住んでいる人は、奥多摩湖に遊びに行っても、その近くに有る心霊スポットには昼間でも行かないと言っていました。

どんな祟りが有るのか聞いて見ると、以前その場所に行ったことの有る人は交通事故で重傷を負った、家が火事になり全焼は免れたが家主がやけどで入院したなど、いろいろな話が出て来ました。

但しどんな物を見たのか、現象だったのか、お化けが出るのかその辺りは全く分からないと言っていましたが、必ず祟りはあるので行ってはいけないと言われました。

こう言われると怖いもの見たさで行って見たいと思い、心霊スポット好きの友人と話をしたところ、奥多摩湖の心霊スポットは知っていて、行って見たいと思っていたところだと言われました。

奥さんに話をすると私も行って見たいと言うので、友人家族(友人と奥さん、子供2人)と私の家族(私と奥さん、子供1人)の2家族で7月の中旬の夜11時頃に奥多摩湖の心霊スポットに着くように自宅を車2台で出発しました。

奥多摩湖周辺には心霊スポットが多いことで知られていますが、心霊スポットマニアに有名なのは「奥多摩湖ロープウェイ」と「海沢隧道」でロープウェイは女性の霊が出ることで、海沢隧道は、トンネルの写真を撮ると必ず霊が写ると言われている場所ですが、この日は両方の場所とも土曜日の夜と言うこともあり、2,3台の車が駐車されていて、人の話し声がしていたので、両スポットは諦め、奥多摩湖のダムの方に向かうことにしました。

心霊スポットとしてはあまり有名では有りませんが、地元では湖に近く昔は自殺者が多いことで知られていました。

他の車も見当たらないので、湖の近くに車を止め子供たちは寝ていたので起こさない様に車から降りて湖の近くまで行って見ましたが、別に何もなく静かな湖とダムの壁を見ていたところ友人の奥さんが、「ダムの壁に誰かいる」と小さな声で言ってきたので、そちら見ると確かに人のようなものが壁にしがみついているのが見えましたが、暗闇なので人なのかゴミなのかわかりませんでした。

しばらくダムや湖を見ていると、さっき人のように見えていた場所にもう1人いるのが今度ははっきりと見えました。

壁にしがみついているのは人(人らしき物)で急なダムの壁面なので人間には絶対に無理な場所でした。

急に怖くなりましたが、怖いもの見たさでじっと見ていると、その人らしき物はダムの急な壁面を上に登って行き、動きはゆっくりですが確かに登っていて不思議なことに1人は湖に落ちて行きましたが、波も立たずスーッと湖の中に消えて行きました。

残った1人は、まだ登り続けていましたが人でもゴミでも無いことがはっきりと分かり急に怖くなり、湖から離れましたがまだ何を見たのかはっきりと理解出来ずに車に戻りました。

車の中で今起こったことを友人と話していると、もう一度戻って写真を撮って見ようと言うことになり、スマホを持って再び前にいた場所に戻りましたが、ダムの壁面を見ても人らしき物は見えず、しばらくその場所で壁面を見渡していました。

その時に友人の奥さんの押し殺して様な声が聞こえ、その方向を見るとなんと前に見たダムの壁面ではなく、私達のいる方の壁面をゆっくりと登ってくるのが見えました。

真下を見ても壁面は見えませんが、少し離れて壁面を見ると確かに人がゆっくりと登ってくる(這いずってくる)のが見え、這いずった後には水が人型に残っていることも分かりました。

ゆっくりだと思っていましたが、結構なスピードで這い上がってくるのでとりあえずその場から走って車に逃げ込みました。

スマホで写真は取れませんでしたが、それどころでは無く、今見た物は何なのか人で無いことは確かたが「幽霊」や「お化け」と言った言葉は出て来ませんでした。

心霊スポットのテレビ番組で「お化けが出た」、「幽霊」等の言葉が飛び交いますが、実際にその場に居合わせると、そのような言葉は出ず、恐怖心よりも何を見たのかを考えていることに気が付きました。

友人も奥さんも同じようで、静かな時間がしばらく流れましたが、ここから早く立ち去ろうと言う友人の一言で我に返り、もう1台(友人の車です。)に友人が向かった時に車の中に人影が見えました。

子供は乗っていましたが、大きさは成人で子供の影では無く友人と私は急いで大人の人影が見える車に走って行きました。

この時に恐怖心は無く、子供に何か有ったらどうしようと言う思いで車に向かって走りました。

車に着くと不思議なことに誰もいませんでしたが、車のドアやシートが水で濡れていました。

子供は何も無かったように寝ていましたので私も直ぐに自分の車に戻り、2台で逃げるようにその場を離れました。

2~3分走ると友人の奥さんから電話が有り、私の車の上に人がしがみついていると悲鳴のような声が電話口から聞こえましたが、どうすることも出来ずに前だけを見て運転に集中しました。

バックミラーを一瞬見たときに人影を見たからです。
1/2
コメント(0)

※コメントは承認制のため反映まで時間がかかる場合があります。

怖い話の人気キーワード

奇々怪々に投稿された怖い話の中から、特定のキーワードにまつわる怖い話をご覧いただけます。

気になるキーワードを探してお気に入りの怖い話を見つけてみてください。